自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第120回 藤原和博さん

win-win

120
前杉並区立和田中学校校長
藤原和博さん

和田中の図書室は第二の保健室

佐々木

できる人というのは、その仕事ができる人。

藤原

時間があり、かつ、志があって、コミュニケーションをするのが苦でない人。そういう大人を集めてくる。子どもたちの中には、部活に出る元気のない子がいるわけですよね。なんらかの障害がある子もいるし、それから、ちょっと人間関係が得意じゃないとか、そういう子もいる。教室に居場所がなかったりして、家に帰ったって誰もいないんだから、そういう子が図書室にたまる。 和田中の図書室は「第二の保健室」と呼ばれてるんだけど、そういう子がいて、そういう子に「漫画を読んでればいいんじゃないの」「今日出た宿題やっちゃったら?」みたいに地域のおばちゃんが声をかける。地域のおばちゃんは別に、司書の資格なんてどうでもいいわけで、あれこれ指導するわけじゃなくて、聞いてきたときだけ答える。もちろん人生も含めてですよ。

そうすると、先生は気づかないのに、おばちゃんだけが気づくことがあったりさ。「ナナメの関係」でいろんなことを発見したりする。 いじめられている子は先生とか親には絶対に言わないから。つまり先生とか親のように、自分が好きだったり、自分が習っている人に対して、自分がやられる側に回ってしまったということを告白したくないという「プライド」があるわけですよ、小中学生にはね。死んでも言いたくないっていう「プライド」。 なんであんなこと、つまり、いじめられて自殺に追い込まれちゃうような重大なことが分かんないのかって、子どもをまともに育てたことがない人はみんな無責任に言うんだけど。じっさいには、分からないようにしているのよ、やられている方も。だから、哀しいくらい、分からない。

26/30

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english