自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第120回 藤原和博さん

win-win

120
前杉並区立和田中学校校長
藤原和博さん

「ナナメの関係」がいっぱいないと

藤原

発見したり、早く対処するには「ナナメの関係」がいっぱいないと無理。さらに言うと、何かあったときに、「上下の関係」つまり「タテの関係」だけだと、呼んで怒るというだけになっちゃうでしょ。どうしたって指導がワンパターンになっちゃうんだよね。「ナナメの関係」が効いていると、そこに先輩として諭すとか、お姉ちゃんとして守ってあげるとか、逃がしてあげるとか、そういうことができるわけです、多様な選択肢がね。同じいじめに対しても多様な対処ができる。そういう意味で、「ナナメの関係」というのが、言葉としてはちょっと弱すぎるんだけど、ものすごく大事だと思っています。みんなが考えているより、100倍大事だと。

佐々木

そうですね。それって働く女性というのが増えてきている社会を考えると余計に。

藤原

そう。だから14、5歳の人間というのはむしろ、親や先生よりも「ナナメの関係」が大事だと言い切ってもいいぐらいじゃないかなと思う。 みんな結局、「ナナメ」にカッコいい人とか優しい人とかのモデルを探していくでしょ。「タテの関係」の中だけで逃げ場を見つけるというのはあり得ないんですよ。だから、息詰ったときには、「ナナメの関係」でどこかにつながって、逃げていく。例えば親せきのおじさん、おばさん。少しいいかげんなおじいちゃん、おばあちゃんのところに逃げていくしかないんだよね。

積極的な意味でもね、利害関係のない第三者とのかかわりはすごく大事。なぜなら親って子に対して、できないとイラ立つわけですよ。特に自分のコピーであるはずの子が、自分ができることができないというのが、ものすごくイラ立つ。 だから、お母さんで、誰にも経験があると思うんだけど、ピアノを弾ける人がね、自分の娘にピアノを教えるとき、自分があれだけ嫌だった厳しい指導、例えば、バーンとたたくとか、そういうことをやっちゃうお母さんって多いと思う。同じことは男親にも起きるわけで、自分がすぐに分かった数学の公式を自分の息子が分からなかったときに、怒っちゃう。怒っちゃうと手が出たりとか、いろいろなことをするでしょ。それが結局、息子の側にたまりにたまると怖いよね。

だから欧米ではエリートを教育するのに、自分でやるとややこしいしダメだから、寄宿舎というのができていったんだよね。自分で教えてはダメだと。 ところが、なぜか今、「ナナメの関係」で学ぶべきことまで親や先生に期待されて、親がいけない、先生がいけないとなっちゃっているの。これを何とか正さないと、ややこしいよ。

27/30

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english