自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第120回 藤原和博さん

win-win

120
前杉並区立和田中学校校長
藤原和博さん

第三者がなぜいいかというのは

藤原

利害関係のない第三者がなぜいいかというのは、結局、その子の人生のすべてにコミットする必要がないからですよ。親はコミットしなくちゃならないし、学校の先生も3年間はコミットしなくちゃならないと思うから、できないと叱っちゃうでしょ。

例えば、「よのなか科」のような授業でも、最初、あんまり意見が言えない男の子がたくさんいる。それでも、なんとか、ワークシートにひらがなで全部書いているのを見て、先生って注意しちゃうわけですよ。「できるだけ漢字で書きなさい」とか言って。それは余計なお世話なの。そうじゃなくて、意見を書こうとしている努力自体を褒めてあげないとね。100人の生徒に対して、なぜ和田中の[よのなか]科は30人、50人の大人、利害関係のない大人を入れるかというと、利害関係のない第三者だとね、褒めてくれるだけなんですよ。「それいいね、もっと聞かせて」とか、「いいじゃん、ひらがなでもいいから、全部書いちゃいな」とか。適当にいい加減なのがいい。

佐々木さんはどうだったか知らないけど、俺なんかも父が裁判所に勤めていた堅い国家公務員だったから、父からは大概は否定されたわけ。それはダメだとか。でも父には兄弟が5人いて、弟が2人いたんだけど、そのうちの末っ子の叔父さんが、ちょっと柔らかい人で、いい意味でいいかげんね。「いいじゃん、それ、カズ君、やっちゃったら?」みたいにね。お年玉を余計に渡してくれて、「やっちゃえばいいじゃない、いいじゃない、何がいけないのかな」って。

そういうふうに利害関係がない第三者は、その子の人生にコミットしなくても済むという気楽さで、勇気づけるんですよ。これが大事、これが。たぶんね、読者もみんな経験あると思うんだけど、自分のお父さん、お母さんではなく、おばあちゃんが「お前ならできる」って認めてくれたとかね、おじいちゃんが「やれよ」って言ってくれたとか、そういうことで、その道についたとか、その道を極めたとか、その道に向かって走り出したという人が多いと思いますよ。親じゃないんじゃないかな。

28/30

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english