自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第122回 鈴木 淳子さん

win-win

122
児童相談所 心理職
鈴木 淳子さん

子どもを確認するのが仕事なんです

佐々木

児童虐待防止法が改正されましたね。

鈴木

今回の改正のポイントは、強制立ち入り調査をおこなえるようにするなど、児童相談所の権限は強化されましたね。

佐々木

それについては、どういった評価ですか。相談員がドアまで行ったけどお母さんが入れてくれなかったから、といって後日、子どもが亡くなってしまったなどという報道も過去にあり。それが、入れるようになった。

鈴木

もちろん今までも私たちは「子どもを確認するのが仕事なんです」って言いながら、一生懸命、確認してきているんですね。でも、当然でしょうけれども、死亡事件などはセンセーショナルに報道されちゃうから、みんなが「児童相談所に行ったって駄目なんだろう」って思うのかもしれない。でも、そういうこともあったかもしれないですけれども、粘り強く話をしながら、子どもを確認してくるという方がずっと多いんです。

佐々木

報道をみていると、児童相談所が虐待を助けることはできないんじゃないかという印象が出てくるけれど、当然そうじゃなくて、随分多くの子どもたちを助けてきているわけですよね。

鈴木

随分、助けてきていると思います。

佐々木

その中で、この法律改正は更に役に立っている?

鈴木

はい。たとえば私たちは、ドアまで行って開けてくれなくても、ちゃんと文書を出して児童相談所への出頭を求めます。その文書、出頭要求(告知)書といいますが、をポストに入れましたという写真を撮ってきて、裁判所に報告するわけです。たとえば新しく罰則50万円以下の罰金というのができましたよね。ですから今までは、「相談所です。来ましたので、子どもに会わせてください」みたいな手紙だったのが、最後に罰則が書いてあることで、これが効いて親が連絡してきたかなというのもありました。

12/25

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english