自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第122回 鈴木 淳子さん

win-win

122
児童相談所 心理職
鈴木 淳子さん

性的虐待の把握件数が爆発的に増えるだろうと

佐々木

では、どうしたらいいんでしょう。今のままでいけば、虐待が増えていってしまう可能性がある。

鈴木

そうですね。この間、「性的虐待への介入と治療…」という研修があったのですが、アメリカ同様、日本も性的虐待が爆発的に増えるだろうということでした。今までは表に出てこなかったのが、社会的に認知され始めることで、気をつけて関わることができるようになり、発見できたり、子どもたちも言えるようになったということもあるでしょう。中学生、高校生になってから、言える力が出てきて、やっと言葉にできる。また、子ども対象の虐待や性的被害から自分を守るワークなども行われるようになって、それをきっかけに自分から話せる子どもも少しずつ出てくるようになったんだと思います。また、幼児や小学生だと、言動を見ていて、学校の先生がなんとなく変だと気がついて、相談につながるというときもあるし。

佐々木

その場合は、すぐに引き離すんですよね。

鈴木

大きい子だと、あなたはどんな方法で自分を守ることができるか、児童相談所はあなたをどうやって守れるか、という話をします。だって、子どもは悪くないんです。なのに、保護所に行くということは、自分の生活から切り離されるんです。食べて、寝て、遊んで、自分の好きなことをする時間があって、といった生活の殆どを失うことです。自分の学校に行かれなくなっちゃうし。通常の日常生活が安全でないから、一時保護所があるんですけれど。

佐々木

本当です! 親を保護すればいいんですよね、よく考えてみたら。親を隔離すればいいんだ。

鈴木

自分は悪くないんだから、虐待した親を何とかしてくれって、言う子どもももちろんいますよ。当然だと思う。

佐々木

それは正当です。たとえば、その親は誰にも知られずに普通に会社に行っていたりするんですものね。子どもは学校を休んで隔離されているのに。親を隔離するための法律は作れないのでしょうか。会社で、「何であいつは欠勤しているんだ?」って聞かれると、「性的虐待で隔離されているそうです」って。その方が正当な気がしてきました。

鈴木

そうなんです。何とかしたい! って思うこともよくありますよ。でも、親を子どもから分離することは児童相談所にはできません。捜査して、証拠を集めて、立件して、というのは警察であって児童相談所にはできないので、子どもの安全を守るためには、子どもに多くのものを捨てさせて、保護するしかないんです。

17/25

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english