自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第141回 吉田和正さん

win-win

141
インテル株式会社代表取締役社長
吉田和正さん

インテルの方が面白いのではないか

吉田

それは少し話せば長くなるのですが、簡単にいうと、ルームメイトのお父さんが所属していたテニスクラブのダブルスのパートナーが、インテルのエグゼクティヴだったんです。ルームメイトは、デイブ・スタントと言いまして、同じ年で、同じときに卒業をしました。ですから家族ぐるみでかわいがってもらっていてね。

僕は学生の時にテニスをしていたんですが、彼の父親はテニスプレーヤーで、それで、デンバーの非常に由緒正しい立派なテニスクラブに、「日本からアダプト(養子に)した」って言って、僕をメンバーにしてくれたんですね。そういうウィットに富んでいる人です。

そこでテニスをするようになったら、ミスター・カークという人がいた。それが、デイブのお父さんのダブルスのパートナーで、インテルの人でした。そして「もし興味があるのだったらインタビューしに来るか」という話になって、僕はアリゾナにインタビューを受けに行きました。

佐々木

行ったんですか。そういう出会い、ものすごくいい紹介があったということなんですね。でも同時にそのアメリカの大学4年生として考えると、他にも多様な仕事が可能だったでしょうし、いろんなチャレンジもできたわけでしょう。インテル以外にも考えました?

吉田

考えました。

佐々木

例えば?

吉田

ジョンソン・エンド・ジョンソンですね。

佐々木

あ、それはどうしてですか。

吉田

これは、そのルームメイトのお父さんのお仕事がメディケアで、元ジョンソン・エンド・ジョンソンから独立して、自分でビジネスをしていたからです。

佐々木

じゃ、そのお友達を通して、歴史あるジョンソン・エンド・ジョンソンか、ベンチャーのインテルかって考えた。そのときにインテルの決め手はなんだったんですか。

吉田

インテルのほうが面白いのではないかっていうことですね。ジョンソン・エンド・ジョンソンは昔からある非常にトラディショナルな会社で、インテルっていうのは新しい会社でしたから。

佐々木

そうですよね。82年だと、インテルは今ほど日本では知られていなかった。

吉田

日本で法人ができたのが79年なので、まだあまり知られてなかったでしょうね。

佐々木

大きくて有名なジョンソン・エンド・ジョンソンではなく、インテルin U.S.を選んだ視点は、なんだったんでしょう。

3/17

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english