自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第143回 秋池玲子さん

win-win

143
ボストンコンサルティンググループ パートナー&マネージング・ディレクター
秋池玲子さん

熊本のバス会社が、最初の再生事例になった

秋池

バス会社って全国に420社もあるんですね。多くが、過疎地の赤字路線を抱えて苦しい経営をしています。地方の人口は減っているし、自家用車が普及した現在では、昔と違ってあまりバスに乗らないものですから。でも、なくなると過疎地のお年寄りや学生さんが病院や学校に行けなくなってしまう。どうしたらいいんだろうと悩みながらも、ギリギリの努力で持ちこたえている会社が多いのです。この熊本の九州産業交通が、バス会社の最初の再生事例です。ですから、この成功事例を皆が真似して、インフラであるバス会社の再生が全国に広がっていけばばいい、それこそが国の機関が関与した意味だ、と考えていました。

佐々木

一つのベンチマークになる。

秋池

小型の案件、と言われても、意味があるようにやりたいと思って。

佐々木

熊本には半年くらい住まれたんですか?

秋池

そうですね。全部終わるまでの2年近く通っていましたけど、6〜7ヵ月は、ずっとそちらにいました。

佐々木

案件によって違うとは思いますが、現場に行って、どこから手をつけるんですか? 何人のチームで担当するんですか?

秋池

チームは10人近くいましたが、担当が皆違って、弁護士、会計士の他に、金融、不動産、人事、ホテルの専門家、あと、空港とか高速のサービスエリアなどにたくさん売店を持っていたので、それらの品揃えを良くして収益を上げるのが得意な人とか、様々な専門家の混合チームです。

佐々木

へえ、面白い。

秋池

私は、事業の全体を見る、ということで行っていて、専門の担当者がいない部分は直接やりました。バス会社と聞いていたので、行く前はバスだけをやっていると思っていたら、事業が21あって、フェリーやロープウェーもあれば、水族館やボーリング場のような事業もあるし、要するに運輸と観光関連の事業をたくさんやっていたんですね。その一つ一つを全部見て、継続するものしないものを分けるのが最初の仕事でした。

佐々木

まさに事業仕分けですね。その仕分けのポイントは?

秋池

たぶん一般的には黒字だからやる、赤字はやらない、という判断をするのでしょうが、私はそうではなくて、赤字でもうまくできるものはやる。黒字でも自分よりも得意な人が世の中にいるものはやめる。……というのは絶対、将来、競争に勝てなくなるから。

6/24

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english