自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第143回 秋池玲子さん

win-win

143
ボストンコンサルティンググループ パートナー&マネージング・ディレクター
秋池玲子さん

毎週話していると

佐々木

だんだん、開いてくれるということですね。

秋池

はい、最初は、会議でも、誰も何もしゃべらないんですけれども、そこを毎週話していると、メンバーの中に話したそうな方が見えてくる。そういう人に会議中に水を向けると、以前から感じていた問題意識をたくさん言ったりするようになって、徐々に他の人もつられて話しだしたりとか。

そういう中で、新しい方向性に「絶対反対!」と言う方もいますが、何十年もやってきて、経験もある中であえて反対しているので、もしかしたら、こちらが間違えているかもしれないと聞いたり、議論したりしていると、かえってすごくいい関係になって、建設的な関係をその後も続けられた方もいました。

佐々木

そうですよね。解決のために課題をテーブルに上げるという意味では、別に、違う意見でも構わないわけですからね。

秋池

そうですね。外から1ヵ月ぐらい見た査定で分かることと、実際に入っていって分かることって、深さが違いますから。何でも「そうですね」って言われるのも少し心配、というのもあります……。

佐々木

確かに、外部の人に「すべて、あなたの言うとおりです」と言われると、何か、本当は違うものがあるんじゃないの、と思いますよね。でもやっぱり組織は人が作っているから、経営陣、各部署のトップがかわり、仕事の仕方が変わるだけで、あっという間に変わるのでしょうね。

秋池

本当にそうですよね。

8/24

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english