自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第144回 鎌田由美子さん

win-win

144
東日本旅客鉄道株式会社/事業創造本部 地域活性化部門 部長
鎌田由美子さん

全然違うトップの集団が一緒になって

佐々木

鎌田さんのアイディアや経験を中心に、箱やデザインや仕組みを作ることはできても、「そこで地元の方にイベントをやっていただいているんですね」とさらりと仰った部分が肝かな、と。そういった会場を使って、どんなイベントをするかとか、し続けていただくのが、本当は重要なポイントでしょう?

お膳立てして、機能を作っても、それを動かしていく人や、理解して継続していただく現地マネージャーみたいな、あるいは町内会なり、いろんな人たちを巻き込むっていうことが大切かな、と。

鎌田

地元との関係以上に社内の整理がエキュートのときより難しいなと思ったんですよね。エキュートのときには、現場は全部自分達が責任持ってできるわけです。でも今回の場合は、我々は本社の立場なので、支社、駅、売場をつくる子会社と一緒になって動くんです。

異なるトップを持つ複数の集団が一緒になって、ここをつくりあげて、まず最初の土台を作りますよね。で、その後は、地元と一緒に現場が一生懸命やってくれないと、回っていかないわけです。

佐々木

そうですよね。だから、機能が集まったっていうこと以上の、いろんな見えない価値がみえる。でも、マインドがビフォアのままだと、アフターの場を使って、半年後にはビフォアのイベントをやっていたりしません? 

鎌田

ビフォアのときは、おだやかにそれぞれが共存しているだけで動きはなかった気がします。駅のリニューアルだけでなく、地元との関係も全く異なる状況になったと思います。

佐々木

そうか。じゃあ、もう本当に新しい挑戦をしてくださっているのを、応援していくっていうやり方なんですね。

鎌田

たとえばこの壁にも絵がいくつも飾ってあるんです。童画家で有名な川上四郎さんがここの出身で、コンクールの入選作品を街のほうで貸してもらっているんです。街のほうで月ごとに替えてくれるとか。一緒になって、良くしてもらえるような仕掛けをつくっています。さらには、自分達がやらないとダメだっていう意識が地元と我々のお互いのベースにありますから、そういった意味では、勝手に動き回る最初の仕掛け、ぜんまいを巻くところまでが、すごく大きな仕事なんだなって思うんです。

佐々木

こちらのパンフレットは?

13/20

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english