自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第144回 鎌田由美子さん

win-win

144
東日本旅客鉄道株式会社/事業創造本部 地域活性化部門 部長
鎌田由美子さん

保育園がもう34園になったんです

佐々木

その上、子育て事業もやっているとか。

鎌田

そうなんです。保育園がもう34園、約2000人の子供達が駅型保育園にいます。結構前からやっていて、1996年スタートで、今、2018年までに60ヵ所の計画なんです。いずれは全体で100ヵ所と思っているんですが、これは単に保育園だけが100ヵ所っていうんじゃなくて、学童とか、親子カフェとか、子育ての周辺のものも含めて、いろいろな子育て支援のものを100ヵ所ぐらい、早いうちに作っていきたいなっていう思いなんですね。

佐々木

保育園事業も重要だけれど、予算のついていない学童も増やしてほしい。

鎌田

予算がついていないんです。学童は切実ですよね。

佐々木

そう思います。自分の子どもが大きくなったので思うんだけど保育園は、もちろん世の中のルールを教えたり、基礎的ないろんなことを教えられるし、小さいときに教えられることって実はたくさんあるけど、保育園の重要性って、たぶん、運動量が多いことがすごく重要。

小学校以上になってくると、今度、親との時間とか、周りとの関わりの中で学習することとかって多いから。学童がなくて「40人の定員のところに69人」っていう報道を聞くと、ストレスフルだな、と思って。きっと、そうすると、家に戻った後……。

鎌田

落ち着かないですよね。

佐々木

子どもは荷物じゃないから、便利な場所だとかだけでなく、子どもたちも心と体を受け入れられる環境でないと。日本の将来を担う人間を育てているわけだからね。

鎌田

そうなんですね。きちんとした環境も必要だし、いろんなバリエーションがないと、その子に合ったものが選べないですよね。それどころじゃないですもんね、今。こういった事業は、完全に沿線価値向上というか、公共性の部分でどう社会貢献できているのかっていうことだと思うんですよね。

16/20

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english