自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第17回 志村季世恵さん

win-win

17
バースセラピスト 「こども環境会議」代表
志村季世恵さん

時として夫婦間には通訳が必要

佐々木

家族の日々のコミュニケーションは、意図的にしなければ、欠けてしまうという家族が多いと思うんですが。

志村

多いと思います。本来家族は、コミュニケーションの上に成り立っているんですよね。でも、たとえば夫婦の間で、ディスカッションできるような言葉を使えるっていうことがあまりないんだと思うんです。

佐々木

一人の人間としてのコミュニケーション能力が足りないと。

志村

そう思うときもある。人として言葉をどう発するか、どう聞くか、というところですよね。個人がどう成長するか、という部分もあるかとは思うんだけど、本当は子どものうちに家庭の中で学ぶことなのに、それができていないで大人になっている。

佐々木

じゃあ、コミュニケーション能力がないと気付いた家族は、どういう選択をすればいいんでしょう? 志村さんはどんなふうにかかわっていらっしゃるのですか?

志村

わたしの場合は、通訳として登場する。間に入っていれば、なんとなくわかるじゃないですか。だんなさんはこういうことを言いたくて、こういう気持ちがあるんだ、一方奥さんのほうはこうなんだ、って。

同じ日本語なんだけれど、わたしが通訳して言葉を直す。そうすると、「ああ、そうだったんですか」「そうなんだ」というふうにお互いに理解できるようになっていく。「こう話すと伝わりやすいんだ」「こう聞くとわかるんだ」というような話し方の練習も必要なんです。

佐々木

それは二人ともにコミュニケーションがうまくない場合ですよね。

志村

片方の場合もある。

佐々木

わたしなんかはいい気なものですから、自分はうまいと思っているんです(笑)。相手がどうしてコミュニケーションの力を付けていかないのだろう、などと思うこともあるんです。

志村

そうですよね(笑)。わたしもそう思うことがある。

佐々木

そういう場合はどうすればいいんでしょう?

志村

本人たちではどうしようもないから、第三者が入って、やっぱり通訳が必要なんですよね。

もうお互いに譲れなくなって、違う耳を持ちたくないという気持ちになってしまう。でも誰かが入ると、違う耳も持とうかな、と思える。

佐々木

そういう耳を持とうと思わなくなったら駄目なんですね(笑)。

志村

(笑)うーんしょうがないんじゃないかなって思う。時期を待つとまたその気になることもあるかもしれないし。

わかりたくない時もあるし、しゃべらないという場合もある。うちの場合は夫はしゃべらないから。かなりコミュニケーション下手なんです(笑)。わたしね、食卓を囲むって、家族のコミュニケーションの一番大きいチャンスだと思っているの。

みんなで同じ食卓を囲んで、同じ話題を持つということが難しいんだと思う。友だち同士だって、なかなかできないでしょう?

9/24

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english