自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第24回 鳥越俊太郎さん

win-win

24
ニュースの職人
鳥越俊太郎さん

マネジメント能力を合唱団で身に付けたんです

佐々木

鳥越さんがそれをできたのは、何か理由でも?

鳥越

僕は、合唱団に入っていたんですよ。学生から社会人まで男女合わせて200人くらいの合唱団でね。

『親父の出番』という本にも書いたのですが、僕は小さいころから弱虫で、人の前で話したりするのがすっごく苦手で、ドキドキして足が震えるほどだったんです。

それで、このままだと自分の人生つらいなと思って、その合唱団に入った時にマネジャーに立候補してね、人前で話すというシチュエーションに自分を追い込んだわけです。

佐々木

それが、さすがですね。

鳥越

初めはつらかったんですが。そういうことをやっているうち、話し合いなどで仕切るという役割を自然に覚えたんです。しょっちゅう会議やミーティング、合宿などが行われていましたから。

だから、就職試験のグループディスカッションでは、「A君はこういうことを言っている。C君はこういうことを言っている。これは合っているけど、これは違う。僕はこう思うけど、B君はどう思う?」というようなことが自然にできた。それが試験官に評価されたわけですよ。

つまり、自分の意見を持っているか、協調性はあるか、リーダーシップを持っているかなど、十何項目について、10人くらいの試験官がチェックしているわけです。

だから、結局そこで僕が合格したのは、大学の勉強をせずに、人間の勉強をしていたからなんでしょうね。あとは、作文を書くのが得意だったことかな。作文がうまく書けないと合格しませんから。

合唱団では、ガリ版で刷った団報というのをつくり、その編集に携わっていたので、書くことも好きだったんですよね。

4/14

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english