自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第24回 鳥越俊太郎さん

win-win

24
ニュースの職人
鳥越俊太郎さん

倍率125倍! 記者として採用された理由は

鳥越

それはそうでしたね。5,000人ぐらいの受験者の中から、通るのは40人ぐらいでしたから。

佐々木

125倍! 準備しないでふらっと、と言われましたが、何が秀でていらしたとお思いですか?

鳥越

学校の勉強ばかりをやっていたわけではなかったからでしょうね。

もちろん、新聞社の採用基準には一定レベルの教養は必要で、まず一次試験がありました。そのほか、文章力がないと駄目でしたね。

それから、8人ぐらいのグループに分けられテーマを与えられて、そこで「一人、1分ずつしゃべりなさい。あとの45分はみんなで好きなように話し合いなさい」という、グループディスカッションがありました。

佐々木

そのころとしては、グループディスカッションは珍しかったかもしれませんね。

鳥越

うん。それはきっと、教室と下宿を往復していたような優秀な学生にとっては、難しいことだったと思うんですよね。僕がそのグループディスカッションに参加した時にも、実際、しゃべれない人がいましたものね。その人たちはきっと優秀な成績で一次試験を突破してきたんでしょうが、やっぱりダメでしたね。

3/14

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english