自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第24回 鳥越俊太郎さん

win-win

24
ニュースの職人
鳥越俊太郎さん

僕が新聞記者になったのは

佐々木

鳥越さんは、大学時代から記者を目指していらしたんですか?

鳥越

なりたいって思ったこと、一度もないんですよ。

僕ね、大学に7年いたんです。留年1年、専門が4年、教養課程3年。大学に在籍できる年数は7年しかないんです。卒業する年に就職しなければいけないけれど、現役じゃないので、普通の会社の試験を受けても受からないだろうなと思って、自らあきらめて。

ただただ本が好きだ、という理由で出版社に行きたかったんですが、出版社の採用は1人か2人ぐらいしかなかった。

出版もあきらめて、「どうしようかな」と思っている時に、たまたまクラスに毎日新聞の試験を受ける同級生がいたんです。その彼は、ずっと前から作文の練習なんかをしていたらしいんですが、僕は何もしていない状態でした。

でも人に聞いたら、新聞社というのは、「採用人数がある程度多い」「学校の成績はあまり重視されない」ということだったので、「お! おれにピッタリじゃないか。学校の成績が不問だったら一発勝負だ!」と思って(笑)。

佐々木

京都大学ご出身なのに(笑)。

鳥越

ええ、でも、授業はほとんど出ていなかったから。どこかの議員じゃないけど、本当に卒業証書あるのかな、単位なんか取ったのかしら、なんて(笑)。

それで、毎日新聞と朝日新聞の入社試験が同じ日にあったので、どっちを受けようかと迷い、毎日新聞にしました。それはね、当時、昭和39年ベトナム戦争の真っ只中で、毎日新聞が一番元気がよかった。大森実さんという毎日新聞外信部の部長が陣頭指揮で、現地から「泥と炎のインドシナ」という連載をやっていらっしゃって、それが魅力的に見えたんです。記者が戦場に入って、現地からリポートしているのがいいなと。

佐々木

じゃあ、新聞社なら、やっぱり記者に、ということですね。

鳥越

まあ、書くことに関心はありましたけど、とくに記者になるための準備をしたわけじゃなかったんですよ。成績を一切問わないんだったら受験できるよね、という思いから。結果的に記者になったわけです。

佐々木

でも記者は入社倍率高かったでしょう?

2/14

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english