自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第24回 鳥越俊太郎さん

win-win

24
ニュースの職人
鳥越俊太郎さん

自分の目でちゃんと見たか

鳥越

そうですね。でもね、その便利さゆえに、それを悪用することもできるわけですよ。

たとえば、飛行機がどこかの山の中で墜落したとします。「おまえ、取材に行け」と言われた記者がね、ノートパソコン一台持って新聞社の隣にある喫茶店に入って、各国の通信社が配信している資料をどんどん読み込んで、メモして、そこで記事を書いてしまうことができる。臨場感ありありの原稿を、隣の喫茶店から送ることができてしまうんです。自分では現場に行かず、まったく取材せずに。

佐々木

その怖さ、ありますね。

鳥越

実際に、アメリカではそういうことがありましたよ。

佐々木

たしかに、情報も映像も、どこにいても手に入るようになってますからね。そういえばこの前テレビで、アリバイサイトというのを紹介していたのを思い出しました。携帯にカメラがあるから、今どこにいるのかを証明せよと言われたら困るだろうと、さまざまな場所やシーンの写真を提供しているサービスなんです。残業だとウソをついてマージャンしている会社員が、奥さんから「今いる場所の風景を映して送って」って言われるとマージャン店なのに、職場風景の写真を取り込んで、自分の姿を合成して送れるんですって。

鳥越

東京駅の八重洲口に全国のおみやげ物が売ってるのと同じですよ。東京駅で鹿児島の名産品を買っておいて、「鹿児島に行ってきたよ、はい、おみやげ」と言いつつ、実は誰かと仙台に行ってたとか(笑)。

だからインターネットって、けっこう、怖いところがある。事故の現場に行っていなくても、まるで行っていたかのように書ける。ひょっとしたら、現場に行っているほうが取材の情報量が少ないかもしれませんし。

佐々木

そうですね。本当に、情報をどう読むかのメディアリテラシーを受け手が持たなくてはいけません。

7/14

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english