自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第24回 鳥越俊太郎さん

win-win

24
ニュースの職人
鳥越俊太郎さん

テレビ生放送、出演の違いはね

佐々木

ところで今は、『スーパーモーニング』のコメンテーターでいらっしゃいますが、その前は週1回のみ、そして今は3カ月に1回の『ザ・スクープ』のキャスター(共にテレビ朝日系)。テレビに移られて何年になりますか? 新聞記者とテレビの報道番組とは、ずいぶん違う点があるかと思いますが。

鳥越

『ザ・スクープ』は佐々木さんも出られていたからよくご存知でしょうけど、1989年から2002年までは週1回放送で、約13年。だから今年で15年くらいですか。

佐々木

取材して原稿を書くときは何回も書き直したり、後で補足したり、補修ができるじゃないですか。番組の収録も同じですが。

鳥越

ええ、つまり消しゴムがあるということですよね。

佐々木

そうですね。テレビの生放送の場合は、音声も表情もリアルタイムで発信されてしまう。自分がその場でどう対応できるか、何を言えるか、どの順番で言えるか、すべてが大切になっていく。

鳥越

そう、『スーパーモーニング』は生放送なんです。収録だと「ごめん! カメラ止めて」と言うこともできますけど、生放送には、いっさい消しゴムがありませんから、もし間違ったら、その同じ空間の中で訂正していくしかないんですよ。

だからもう、後悔なんて毎日ですよ(笑)。いちいち後悔していたら、体がもたないですよね。テレビの仕事はやってられません。

自分がうまくできなかったのは、それはもうその時の限界だということなんです。『ザ・スクープ』をやり始めたころは、ちゃんとしゃべれない、ってすごく自己嫌悪に陥りましたよ。とくに一年過ぎたあたりで。久米さんのようにはできないですよ。どちらかというと筑紫さんと同じかな。活字出身の人は、映像を見ていると、どこか照れくささが残っているんですよ。

佐々木

それが鳥越さんの人気でもあるのではないでしょうか。

鳥越

よく言えば、地のままがちゃんと出るということ。だから地のままで勝負してはまったときはOKだけど、つまずくと大変なことになるという感じです。

取材をして伝える手段が、電波なのか、紙なのか、自分のカラダをさらすのか、さらさないのか……。たしかに状況はかなり変わりましたよね。そのへんの差はけっこう大きい。ただ、根本的なところはそんなに違わない。今でもそう思っています。

佐々木

その、根本的なところ、とおっしゃるのは、ニュースの見方とか伝え方とかですか?

8/14

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english