自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第26回 松井龍哉さん

win-win

26
フラワー・ロボティクス代表
松井龍哉さん

MoMA。自分の名前を言ったら“Welcome”って

松井

僕は感激屋で、いろんなことに感動するんですが(笑)。でも本当に自分自身が感動できる瞬間っていうものは、人生にそうないと思います。3回くらいじゃないかと思うんですよね。たとえば、テレビでサッカーが勝ったとかは、言ってしまえば他人事じゃないですか(笑)。

誰かが優勝してうれしいとかはどうでもいいですよね。やっぱり自分の人生とやってきたことがオーバーラップしたときに感動するのかなと思います。

そういう意味でいえば、デザイナーになろうと思った中学生の時には、どうせやるなら世界で勝負したいというところがあって、ニューヨークの近代美術館(MoMA)で展覧会をやるアーティストになりたいなと思っていました。

高校の美術学科に進むときも先生に、「僕は将来MoMAに行くアーティストを目指しているんで就職とか、小さいこと言うな」と(笑)。

佐々木

けっこう柔らかい物腰で厳しい言葉が出る(笑)。でもビジョンが明確だったから、2001年2月、MoMAでの出展につながったのではないでしょうか?

松井

そうですね。でも16、7年かかってしまいましたけど。

佐々木

いえ、短いと思いますよ(笑)。普通、口で言っていても、なかなか実現しないものです。やりたいことが明確なんですよね。

松井

ええ。若いときにアルバイトでお金を貯めて何度かMoMAに遊びに行って、僕が今創っている作品だったらこの壁に掛けるなとか、どう飾ろうかなとか、いろいろイメージしてね。

佐々木

さすが目に焼き付けるってところから始めてる。出展されることをイメージしてMoMAに行くとか、一つ一つ映像化していく。行動力が必要ですね。

松井

初めて自分が創ったロボットがMoMAから展示してくださいって言われたとき、ニューヨークに行って、MoMAで自分の名前を言ったら“Welcome”って迎え入れてくれて。

「いつかはここで」と思っていたから、自分の作品を持って搬入しに行った時、エスカレーターを上っていくと、フィリップ・ジョンソンがデザインした有名な庭が見えて、非常に感動しましたね。自分の足が震えているのがわかるんです。

それからウォーホルの有名なマリリンのシルクスクリーンがあって。僕、中学生のころから部屋にその絵のポスターを貼っていました。僕は物事をいいように解釈するほうなので、「その本物が僕をMoMAに呼んでくれた」、そんな気さえしてました。

そのときは非常に感動して、こういうレベルが感動だと全身で感じたんですけど。そういう感動は、人生に2回か3回しかない、そんなもんじゃないかな、と思います。デザインするときも同じです。愛情をかけた分しか返ってこないです。それ以上は絶対期待しないし、しても意味がないです。

9/18

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english