自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第30回 林 文子さん

win-win

30
ビー・エム・ダブリュー東京株式会社 代表取締役社長
林 文子さん

楽しんでいただきたい。それが私流のセールスでした

どうしても人間って好き嫌いが出ますよね。たとえば、すごく優しくされた奥さまだったら、うれしくてまたその奥さまのところに行きたい、みたいな。そうすると奥さまも「あ、ちょうど今お掃除が終わったところだから、お茶飲んで行く?」ということになるわけですね。「うちは車なんか買えないわよ」という奥さんでも、女性のセールスは珍しかったですし、何かと話し相手になるじゃないですか?

佐々木

おいくつくらいの時ですか?

31歳です。女同士でしょ、で23歳で結婚していましたしね。人生経験もあり、お客さまも話し相手には楽しいわけですね。ただ車の説明をするわけにはいかないんですよ。だって招かれざる客で、いきなり自分が押し掛けるんだから。

最初に考えたのは、わたしはまったく勝手に相手の都合も考えずに押し掛けるのに、この方はわたしのために15分でも話をしてくれたとか、5分でも玄関に立って言葉を交わしてくれたということがね、すごく感謝につながっていったんですよ。逆にまったく会ってくれない人もいるわけでして。

佐々木

はい。わたしなどは、「けっこうです」と言って、ドアは開けません(笑)。

ところが上げてお茶を飲ましてくれる、なんて人もいるわけじゃないですか。だから本当にうれしくなってね。たまらなく感謝するわけですよ。だんだんそういう気持ちになってきてね。たまに退屈で家にいるとき、わたしが行くと、とてもうれしそうな顔をしていただくことがあるんですよ。それが本当にうれしい。

また喜ぶ顔を見たいなと思って、また一生懸命やる。そういうことから始まっていますから、「車を売る」っていうのが頭から飛んでたんですよ。新しい方に会って、その方が自分のほうに振り向いてくれることが妙に楽しかったり。そこがわたしの営業の出発点になったんで。何のご縁でこの方にお会いできるんだろうと思うこと、ありますでしょ? 佐々木さんも?

佐々木

はい。

ご一緒にいる時間を、なんとしてもその方に楽しんでいただきたい、というのがわたしの原点となって、それが自分の中にあるサービス精神を育てたんじゃないかな、と。今でも「そんなに気を使わなくていいんですよ」とか「社長なんだから」って言われるくらい、異常に気を使ってしまうんですよね。社員の人にも「お元気ですか?」とか「大丈夫ですか?」とか、つい言ってしまうんですよ。

8/18

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english