自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第42回 江端貴子さん

win-win

42
元アムジェンCFO
江端貴子さん

優等生が親に反抗?

佐々木

どんな子供時代ですか? どんな教育を受けてこられたんですか? 公立の小学校?

江端

公立です。学級委員もやりましたし、卒業式の総代も務めました。

佐々木

すごい!

江端

だから、学校を卒業したら当然、働くものだと思っていましたし…。

佐々木

頭の良い、将来性のあるいい子、ということですが、両親への反発などはなかったんですか?

江端

私も高校時代には、けっこう反発していましたねえ。小・中学校は、なんとなくそのままgood studentできたのですが、高校くらいになると、自分の実力もわかってきたし、友達からも影響を受けて、「親の言いなりにはなりたくない」と思って、ずいぶん反抗もしましたし…。

佐々木

お母上との口げんかとか?

江端

口げんかもありましたし、父とも険悪な状態になって…。

佐々木

どんな問題でそうなったのですか? 進学ですか?

江端

進学や、それから将来のことなど…。基本的には両親とも、私を東大に進学させたかったのです。

佐々木

東大か。で、どこに進学を?

江端

横浜国大です。私は一期校・二期校があった最後の代で、翌年から共通一次になった世代なんです。もともと実力もないんだけれど、遊び放題に遊んでしまって、みごとに一期校には行けなくて、それで二期校を選んだんです。

本当はね、「手に職を」ということで、私はもともと理数系だったんですよ。数学や化学は得意というか好きだったので、薬学部に進もうと思っていたのですが、一期校にみごとに落っこちてしまって、二期校には薬学部がある大学がなく…。

たぶん地方に行けば、一校くらいあったかもしれないんですが、当然そういう状態なので、地方に娘を出すことを許すような親ではなく…。

佐々木

その点は保守的なのですね?

江端

そうなの!

12/22

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english