自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第42回 江端貴子さん

win-win

42
元アムジェンCFO
江端貴子さん

初めての転職で、マッキンゼーに

佐々木

MITでの勉強を生かし、マッキンゼーへの初の転職。いろいろ考えたでしょう?

江端

もともと、システムを経営に生かしたいと思っていたので、システム系のコンサルティング会社がいいかなと漠然と思っていました。つまりその時も、マッキンゼーなんて、まったく念頭になかったのです。

当時、大前研一さんがいらっしゃって、マッキンゼーというとすごい頭脳集団というイメージがあって(笑)、自分の就職先として考えたことなどなかったんです。 でも、リクルーターの人が学校に回って来られて…。

佐々木

よくアメリカの大学院には、スカウトにいくんですよね。

江端

その説明会に行くと一流のホテルでおいしいディナーが食べられるというのにつられて、「これで一食分が稼げる」という気分で参加したのです。

すると、マッキンゼーの担当の方が私の経歴に興味をもたれて、「これからはシステムに強い人を入れたいと思っている」というお話をされたのです。「そうなんだ。じゃあ、システムのコンサルティングに特化する前に、もっとゼネラルな戦略や組織設計などをやるのも、いいチャンスかもしれない」と考え、それでマッキンゼーを正式に受けさせていただくことになりました。そうしたら、合格してしまったのです(笑)。

佐々木

もう! 先ほどから、「〜してしまったんです」ばっかりで、「頭がいい人はいいなあ」とだんだん嫌になってきてしまいますよ(笑)。でもMITでMBAを勉強している時に、自分で起業することはオプションとして浮かばなかったのですか?

江端

留学も何とか工面をつけて行っている状態でしたので、起業の資金をどうするかなんて考えられないことでした。また、両親の問題もあり…。実は留学中に父が脳梗塞で倒れてしまいまして、それもあったし、フルブライトにも必ずいったん日本に戻るという条件がついていて、2年間は米国の就労ビザが取れないんです。だからとにかく日本に戻ることと、きちんと就職してお金を稼ぐということが私にとっての最優先事項だったのです。

佐々木

それでマッキンゼーにも合格して、何年間どんなお仕事を?

江端

6年弱です。最初はシステム・電気通信、コンピュータ関係のクライアントを担当していました。しかしそればかりやっていると専門バカになってしまうので、もうひとつくらい専門領域が欲しいなあと思い、興味のあったヘルスケアを始めました。

ちょうどその時、東京の事務所ではヘルスケアの仕事を単発で扱っていたのですが、これからはもっと積極的に行おうということになり、ヘルスケアグループが組織され、その発足メンバーに選ばれたおかげで、製薬会社などのコンサルティングも手掛けるようになったのです。

14/22

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english