自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第42回 江端貴子さん

win-win

42
元アムジェンCFO
江端貴子さん

外資系企業、エグゼクティブの第一歩

佐々木

入社当時の肩書きは、経営企画室長でしたよね?

江端

そうです。

佐々木

その後、役員に昇格?

江端

まず部長待遇で入社し、すぐに本社勤務を求められたのですが、子供が2歳で、2歳児を連れてアメリカに行くのは大変だったので(笑)、それに置いていくのも大変なので(笑)、「まず一度、日本で日本の状態を把握させてください」とお願いしたのです。

「その後で本社に行ったほうが、アメリカで学ぶことも多いと思うので」と説明しました。そしてとりあえず1年間は日本にいて、それからアメリカに半年行きました。子供も夫も連れて行きました。

夫はそのタイミングで転職して、私と一緒にアメリカに行ってくれたのです。米国で半年過ごして帰国し、それから経営企画だけでなく、より広いビジネスを担当するようになり、その翌年くらいに役員というか、執行役員に就任しました。

佐々木

業界ナンバーワンの企業での執行役員への就任は、本当に自分のことのように喜びました。それに、ますます江端さんを尊敬したし。最終的には、ずいぶん多くの部門を統括されていましたよね?

江端

最終的にはマーケティングとファイナンス、ITと法務と事業開発を担当していました。

佐々木

ほとんど全部ですよ! 担当されていない部門がないのでは? 社長のようなポジションに見えましたが。

江端

一時期、人事もやったことはありましたが、メインの開発はしていませんよ。どちらかというと、管理部門を一手に引き受けているという状態ですね。管理部門プラスマーケティングですね。

佐々木

それ、ほとんど全部です(笑)。

16/22

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english