自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第51回 玉塚元一さん

win-win

51
株式会社ファーストリテイリング代表取締役社長
玉塚元一さん

女性幹部を増やしたい

玉塚

熱烈に思っています。現状は少なすぎますよね。

佐々木

いま、女性のスタッフは、全体でどのくらいですか。

玉塚

そうですね。本部だと、約500人の社員のうち、女性社員は100人くらいですね。幹部と言われているのは7%くらいです。

佐々木

100人の女性の中の7人。そこをやっぱり増やしていくというお考えですか。

玉塚

今は役員の中にも女性がいないですし、部長やリーダーが本当に少ないですよね。一方、来店されるお客様の約7割が女性ですから。女性の心をつかむことは、本当に大切です。

例えば、週末に買い物に行く時に「あっちの店じゃなくてユニクロに行こう」と言うのは、お母さんである確率が高いし、やっぱり女性が来たくなる、女性が欲しくなるような商品を常に提供できている新鮮な店であるってことがものすごく重要で、女性の視点とか観点は、これから絶対に必要です。

佐々木

イー・ウーマン的に言えば、女性といってもいろいろいるから、女ならばいいという視点ではなくて、ある程度選択できる人たちが支える商品が生まれることによって、安いっていうイメージから変化して、ライフスタイルの一部になっていくと思うんですよね。

玉塚

客観的に「女性のお客様が何を求めているのか」ということと、経営視点で「今このファーストリテイリング、ユニクロがやるべきことは何か」がわかる人。商品や会社全体の取り組みについて、どこにお客様の考えとのギャップがあって、それをどのように修正していったらいいかを客観的に見られる。そんな女性の視点が、今必要なんですよ。

それは、僕が客観的に女性のニーズを感じるよりも、佐々木さんが感じるほうが絶対正しいはずですよね? それに、お客様の多くが女性だっていうこと以外にも、多様性っていうのは絶対に避けて通れないですよ。

11/21

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english