自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第51回 玉塚元一さん

win-win

51
株式会社ファーストリテイリング代表取締役社長
玉塚元一さん

良いものが、安い+アルファ

佐々木

ただ男女の人数が同じだけいればいいってものでもない。一方で女性のサンプル数や、スターは数を増やさなくては始まらない。同感です。ところでユニクロの「女性」って何歳のどういう女性の商品を作ってるんですか。

玉塚

主には20代、30代の女性でしょうけれども、本当に幅広い年代の女性にご来店頂きたいですね。また、その女性がどういう人なのかっていうのは、絞り込んでいないからユニクロなんです。主婦だけにも絞り込まないし、OLだけにも絞り込まない。

佐々木

店舗で見る人たちの年齢層は、本当にいろいろですよね。

玉塚

ものすごく幅広い。でも、それは大きな財産です。

佐々木

私も、行くたびに大量に買ってきます(笑)。

玉塚

ありがとうございます。

佐々木

安い商品というイメージからすでに抜けだしていて、ライフスタイルにも合ってくるような服ということでしょうか。

玉塚

ライフスタイルって言葉なのかどうかわかりませんが、いい物が安いっていう、この単純な法則は絶対ではないでしょうか。いい物が安いというユニクロのポジションは、確立できたと思いますね。

でも、これからグローバルに認められるブランドになるためには、そこにプラスアルファのものがなきゃいけない。ある特定のライフスタイルを刺激するものはユニクロじゃないと思います。ただ、もっと何かこうエモーショナルな部分で「いい物が安い」ということだけじゃなくて、やっぱり買いたくなる。それが総合的なブランディングだと思います。

15/21

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english