自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第54回 進藤奈邦子さん

win-win

54
WHO(世界保健機関) メディカルオフィサー
進藤奈邦子さん

ジュネーブのWHOへ

佐々木

お久しぶりです。WHO(世界保健機関)勤務のため、スイスのジュネーブに行かれたのが2002年の5月でしたか? 忙しいでしょう?

進藤

はい。それから、さまざまな感染症のアウトブレークがあったんですよね。2002年の年末には、まずエボラ出血熱があって。

佐々木

そうでした。

進藤

それで、クリスマスは無い状態で、年が明けて休もうかなと思っていたらSARSが始まったんです。WHOに入ってからフィールドに出かける機会がすごく多くなって、で、最初の大きなイベントがSARSだった。それで、私は2003年4月からはシンガポールだったんですね。

佐々木

SARS対策で最前線に。国立感染症研究所の主任研究員だった進藤さんの専門は感染症。少し前までは感染症って言われても、あんまり身近なものじゃないと思っていたのに、SARSとか鳥インフルエンザとかO157とか、なんだかいきなり進藤さんのお仕事が身近になってしまった。

進藤

そうです。わりとおなじみになってしまったんですね。

佐々木

残念ながらね。ちょっとおさらいなんですけど正式のポジション名は?

進藤

メディカル・オフィサーです。WHOには、厚生労働省から派遣されて行ったんです。

佐々木

WHOでの様子や今のポジションも伺いたいのですが、まずは、SARSのときの様子、話してください。

1/29

次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english