自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第54回 進藤奈邦子さん

win-win

54
WHO(世界保健機関) メディカルオフィサー
進藤奈邦子さん

アウトブレークに飛び込んでいく

佐々木

ジュネーブのWHO本部に行って3年間ですが、そういうフィールド・ワークはどのくらいの数?

進藤

そこまでっていうのはインドの時と今回。

佐々木

インドっていうのはこの前の、インドネシアの津波の関係?

進藤

そう、津波の支援で行って。あれは、感染症が比較的うまく制御できてよかった。

佐々木

津波の後、感染症が心配されるというニュースがあったけれど、そういえば、それがなかったということでした。あれって、進藤さんが制御した成果だったんだ。すごい。

進藤

うまくできたのよね。もちろん私一人の力ではありません。あとは私は比較的、途上国といっても環境のいい所だったのね。シンガポールもシンガポールの中で一番素晴らしい病院の中だったし、インフルエンザもそうね。あとは政府とか研究機関ね。本当に両極端ですよ。最先端の病院の中だったり、ジャングルの中だったり。

19/29

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english