自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第54回 進藤奈邦子さん

win-win

54
WHO(世界保健機関) メディカルオフィサー
進藤奈邦子さん

国連にもっと日本人を!

佐々木

これからどうして行くんですか。WHOでプロパー採用された今、スイスに永住?

進藤

一応定年が62歳になってたので任期は定年までなんですよ。ただ、いていいというのが、いる、というわけじゃないから、今後さまざまな選択肢があればまたトライしてみたいと思ってます。

佐々木

日本の女性がプロフェッショナルなレベルで海外で働くっていう事はいい事ですね。

進藤

日本はそういう意味で国連ではunder representedだし、その上、国連全体として女性を昇格させようとしているし、ま、その2つはポジティブな要素が揃ってるわけだから、チャンスはあると思います。あとは、政治活動するか。

佐々木

できるか。それだけ正当な理由があるなかでも、出て行けるような人材が今、日本の中にいると思います?

進藤

うう〜ん、いる。でも少ないでしょ、やっぱり。

佐々木

だから行ってないっていうのは、行けないのではなくて、育ってないのね。

進藤

もとが少ないのと、やっぱりいい人は国に必要だから、なかなか出してもらえない、っていうのもある。一度出てしまうと日本のシステムに戻りにくいというのもあるし。わたしも途中で絶対帰れって言われて、帰る覚悟できてたんだけれども、帰れって言ってた人が異動になっちゃって、まあ、もうしばらくいてもらいましょうってことだったのね。わたしの職場もSARSなんかもあって、予算がついて、たくさん優秀な人材が入ってくれたわけですよ。人材の層が厚くなった。だから進藤が帰らなくても、国は回ってるわけなんで、お前は出しておいても、とりあえず、こっちはこれだけいいスタッフが揃ってるから、やっていけるよ、っていう事になったんです。層が厚くならないと、なかなか海外に出せる余裕がない、ってことです。

佐々木

人が足りない。

28/29

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english