自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第58回 パク・ジョアン・スックチャさん

win-win

58
ワーク/ライフ・コンサルタント
パク・ジョアン・スックチャさん

自立と自己責任がキーワード

佐々木

このような状況の中で、どのようにすればいいのでしょうか?

パク

意識改革。これから日本が直面する「縮小経済」と同時に、グローバリゼーションがさらに進むので、企業は雇用を守りたくても守れなくなっていく。

たとえば、ITや給与計算とかコールセンターなどの仕事が、海外に出ていってる。だから、そのレベルの仕事だけしていると、自分の仕事が海外に移行していく可能性が非常に高くなってくる。

佐々木

そうすると、個人がまずやる気を起こすっていうところが必要になってくるっていうことよね。

パク

そうですね。「自立」と「自己責任」がキーワードですよ、ワーク/ライフ・バランスの。

佐々木

きちんと認識ができて、ワーク/ライフ・バランスというのが、ただ、時間を仕事と人生に分けるんじゃなくて、両方がちゃんと絡み合うっていい仕事ができるようにする。自分を成長していくモチベーションもあるように。

パク

そうですね。海外の場合はパフォーマンスがそれなりなら、それなりの給与なんですよ。でも日本はそうじゃない。年功序列っていうところで、パフォーマンスがそんなに高くなくても、やっぱり高いお給料をもらえている人もいる。

日本は賃金が高いんですよ。となると、今、グローバリゼーションが進んでいるから、個人としては、自分の仕事が海外に出ていかないように、継続的に能力開発をしていかないと、もう企業は正社員をそんなに守れないし。企業は会社への貢献度に見合ったように社員に支払うようにならないと、日本の企業は国際競争力が低下していくんですね。

11/19

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english