自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第58回 パク・ジョアン・スックチャさん

win-win

58
ワーク/ライフ・コンサルタント
パク・ジョアン・スックチャさん

私のミッション。気づいたから、言う。

パク

海外でも有名なの。日本人男性は夢がないって。女性は仕事、家庭、育児の三重苦が肩にのしかかっていて、大変。社会はどうなっているかっていうと、家庭の影響で、少年犯罪が増え、治安が悪くなっている。父親も母親も子どもも企業も社会も、だれも得していない。

なぜ会社を辞めて、この仕事をしたいかっていうと、これは自分のミッションだと強く感じたんですよ。やっぱり気がついた人から言わないと。日本では、長時間労働が当たり前で、夕食を家族揃って食べられないのが当たり前っていう。ところが実は当たり前じゃなかったんだ、当たり前じゃないんだよ、っていうのを、気がついた人から言いはじめないと気がつかない。それにこのままだと、日本社会全体が崩れていってしまう危機感があります。

佐々木

なるほどね。パクさんのご主人はサポートしてくれますか?

パク

彼は家事が苦手。私の場合は、50:50に家事を分担しようとは全然思ってなくて。でもとてもサポーティブ。彼が大体8時台に帰ってきますから。週4、5回くらいは家族揃って夕食を一緒にできる状態で、その時に、子どもたちの一日の報告会があるんですよ。学校で何をした、どうした、誰々にいじめられた、なんて含めてね。

そうなると、たとえば、犯罪や問題をおこすにしても、そのサインがわかる。ちゃんと食事時間にこういうようなことをしていると、全然違う。やっぱり親としての責任はね、自分の子どもが何かをしでかした時に、それをキャッチできるかどうかっていうこと。大事だと思いますよ。

佐々木

そうですね。それを食事を一緒にしながら小さな変化を毎日の中で見つけられるようにしているわけですね。

パク

そうです。子どもたちは、家族と一緒に話すことを毎日楽しみにしている。パパにもすごくなついて、本当によく会話をしています。

14/19

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english