自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第58回 パク・ジョアン・スックチャさん

win-win

58
ワーク/ライフ・コンサルタント
パク・ジョアン・スックチャさん

韓国籍で差別された

佐々木

パクさんは、そもそもは日本生まれで、国籍が韓国でいらっしゃる。

パク

えぇ。

佐々木

で、どういう風に育てられたんですか?

パク

ダイバーシティにすごく興味を持っている一つの理由っていうのが、私、あまり女性で差別されたことはないんですけど、小さいときに韓国人ということで差別を受けたことがあります。また、小さい時から、韓国人は就職できないって言われているわけです。たとえば、韓国人の知人が、東大の法学部を卒業したんですね。でも、彼だけが内定1つもなかったんですよ、東大の法学部で。

佐々木

それ何年のことでしたか?

パク

80年代前半。

佐々木

私、今ので思い出したんですけど、私、大学を卒業して、ユニカルを87年に設立しました。最初の5年間くらいの中で、韓国籍の人、2人採用しました。私にとっては韓国籍だろうが、何国籍だろうが、いい人だと思って採用した。1人の韓国籍の人が、私が採用する時に「本当ですか? 私、韓国籍ですけど大丈夫ですか?」って何度も聞かれた。その時、「そうか、この人たちは就職にこんなに苦労してるんだ」ってわかったんです。

パク

私の親のまわりは会社員じゃなく、自分が会社を経営しているとか、商売をしているという人が多いんです。そういう親は日本では子どもたちが日本の学校を卒業してもよい会社に就職できない、って思ってる。だから子どもにはスキルを身につけさせようとするんです。東大法学部に行った彼の親が怒ったのは、医学部ではなかったから。

優秀な在日韓国人はスキルが身につく医学部に行くわけですね。法学部に行ってもどうしようもない。就職活動して内定が1つももらえなかった時に、親が怒った理由が身にしみてわかったって、彼が言っていました。

15/19

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english