自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第62回 陰山 英男さん

win-win

62
広島県尾道市立土堂小学校校長
陰山 英男さん

挨拶する子は、成績が良いんです

陰山

そうですよね。話を聞いていて思い出したんですが、ある教育調査会社が調べたら、挨拶がきちんとできる地域や学校の子どもたちの成績は高い。挨拶ができないというか、「隣は何をする人ぞ」みたいな地域の学校の子どものテストは低い。非常にはっきりしてる。

佐々木

それは、学力とか教育とかいうことでくくってしまっているけれど、それ以外の日常生活の中に、実は、ものすごく重要な種や土台があるっていうことですよね?

陰山

うん。昔はね、ほとんどの家庭が似通ってたと思うんですよ。日本の社会がどこも似たり寄ったりの社会で。だから、その中で、こんな勉強をした、あんな勉強をした、ってことで差がついてた。

佐々木

そうか。食も睡眠も挨拶も、どの家庭も同じだったからこそ、勉強だった。

陰山

ところが今は、環境そのものについて全然違ってきた気がするんです。昔はみんな似ていたから、少しでも長く勉強してた人の方が成績が良かった。でも晩の10時以降の勉強ってあんまり意味がないんですよ。昔の小学生はそんな勉強誰もしてませんでしたし。

睡眠時間が極端に短くなっている子っていうのは、10時以降に勉強してる。でも、勉強時間を長く取ってた子より、テレビの時間を削って、そこそこの勉強時間を残せている子と比べてみると、こっちが絶対に伸びているのです。

生活アンケートをとってみて最初に気がついたことは、当たり前のことなんだけど、家庭によって生活のリズムってバラバラ。すごくいい家庭もあれば、無茶苦茶な家庭もあるんですよね。ところがみんな、よその家庭を見て生活してないじゃないですか。だから、よその家庭と自分たちがそんなに変わらない生活をしてると思ってるわけですよ。でも全然違う。これがね、生活アンケートをとってみると非常によくわかる。

佐々木

一番ひどい、というのはどのような状態ですか?

陰山

やっぱり寝てないですよね、12時まわらないと寝ないとかね。午前1時、2時まで親子みんなで起きてる。朝ギリギリまで寝てるとか。

15/32

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english