自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第62回 陰山 英男さん

win-win

62
広島県尾道市立土堂小学校校長
陰山 英男さん

食材の数を増やすと、成績が上がる

佐々木

睡眠の他には、食育のデータ、出ましたか?

陰山

はい。僕が使ったのは、広瀬さんという1989年に中野の第六中学校の教頭先生だった人がとったデータです。たとえば、食材の数を増やすと成績が上がるっていうデータです。それを毎年、保護者に配って、「食事は非常に大事ですよ」ってことを徹底的に繰り返し知らせたのです。とにかく、得意技が徹底反復ですから。

佐々木

はい。

陰山

その結果、実際にそれぞれの家庭の食事の内容っていうのがレベルアップしていったのです。その食事と睡眠、それから学校での読み書き計算。これが車の両輪になって、それこそ50人の卒業生の中から国立大学の医学部に何人も入るというようなことが起きました。この食事のことについては『学力をつける食事』っていう本に詳しく書いてあります。

佐々木

後、朝食を食べること、ですよね。それもパンよりご飯、と。でもパンが主食の国から反論が、ってことになりません?

陰山

そうですよね。ただね、世界一の学力の国フィンランドの主食は芋だということです。すると、ごはんも芋も、腹持ちがいいということのようなんですよ。僕も「エッ」と驚いたんです。あとは、遊びですね。

佐々木

遊びとは、要するに外で遊ぶことですね?

陰山

そう。それも、いろんな年齢で遊ぶ。子どもが子どもになっていくプロセスっていうのが、今はほとんどないっていうことなんですよ。だから、子どもが本来つけるべき学力もついてこない、体力もついてこない、ということになる。そのままで成人してしまったら。なんともならないところまできてしまってる。

7/32

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english