自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第62回 陰山 英男さん

win-win

62
広島県尾道市立土堂小学校校長
陰山 英男さん

睡眠時間が増えると、テストの点が上がる

佐々木

新著『学力の新しいルール』の中で分析をされたというのは、まず睡眠時間についてですか? それは具体的には、何時に寝て何時間寝るといいとかっていうのが、数字で出ているんですか?

陰山

出ています。たとえば広島県の調査を見るとね、睡眠時間が5時間未満の子どもは、テストの平均点が50点くらいしか取れないんです。これが、睡眠時間が1時間増えるごとに5〜6点ずつ上がっていって、睡眠時間が7〜9時間だったら、テストの平均点が70点ぐらいで安定するんです。

佐々木

長すぎるのはダメでしょう?

陰山

長すぎると、また落ちてくる。

佐々木

そこが肝心ですよね(笑)。

陰山

そう。だからね、望ましい睡眠っていうのが、提起できる段階になってきたのです。子どもたちの睡眠とか食事とかを調べちゃいけないっていう考え方があったのです。そのため、実際に子どもたちの生活を調べようとすると、プライバシーの侵害って言われたんです。

佐々木

考え方があったというのは?

陰山

社会全体で管理教育批判ってあったでしょ。子どもたちの生活を調べるっていうことは学校の管理教育で、子どもの自由を拘束するという批判があったんですよ。

佐々木

それは、たとえば家庭訪問がなくなったり、もしくは訪問しても、家には入らず玄関先で話すだけっていうのと、同じ?

陰山

そう、同じ傾向です。だから、より望ましい家庭のあり方ということが議論できなくなったわけ。そのために、子どもたちがどんな生活をやっていようと、それは個人の自由だと言うわけ。生きようが死のうが放っといてくれ、っていう。そうした期間がずいぶん長かったんですよ。

佐々木

より望ましい生活のあり方を、学校や社会全体でもう少しきちんと理解しなくちゃいけない、ってことですね。

陰山

そう。そのために、私はやってきたのです。以前は、ものすごく批判は多かったけれども、それでもやりました。とにかく、調べるだけ調べて、指導するだけ指導して、あとは、それを取るも捨てるも、社会の、あるいは個人の自由です、っていうところまでやったんです。

6/32

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english