自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第62回 陰山 英男さん

win-win

62
広島県尾道市立土堂小学校校長
陰山 英男さん

家庭を変えていく必要があるんです

陰山

だから、問題があって対策を立ててはいけないんですよ。対症療法をやっちゃいけないの。最も根っこにある、日本の、いわゆる家族政策であるとか、家族って何かっていうことを変えなきゃいけない。

それを、家族はそのままにしておいて、社会として対策をしようとするから、結局は悪い状況を固定化することになってしまうんです。

佐々木

うん、うん。すごく耳が痛いです。私も、どうあるべきかって考えれば、かなり理想的なことを考えられるし、良い母親になるべく、かなりの情報や材料を持ってると自分でも思うんだけど。

でも、子どもが、たとえばテレビを見ようとします。先生の本にも、1日2時間以上テレビを見ると、年間での授業数を超えるって、ありましたよね。ゾッとしたんです。我が家でも1時間って決めてるんだけど、知らないうちにね、私が仕事してるから、見てるわけですよ。

陰山

そう、そう。

佐々木

特に夏休みなんて恐怖で、ものすごい時間数、見てるんです。

陰山

うん、そうでしょ。だからそこのところはね、結局、社会全体でブレーキをかけなきゃいけないわけですよ。ゆとり教育が出てきて授業時間を減らす時って、あの時期の子どもたちって「やったあ」って喜んでたわけ。教材が減って。

佐々木

ええ。

陰山

で、今これだけ、ゆとり教育によって学力が低下するって言ったときは、今度は子どもたちですら、減らしたら問題があるって言い出したわけね。そういうもんなんですよ、子どもって。

だから、社会全体のモラルがきちんと正しい方向に向かえば、子どもたちの意識っていうのは自然とそっちに向かっていくんです。

5/32

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english