自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第62回 陰山 英男さん

win-win

62
広島県尾道市立土堂小学校校長
陰山 英男さん

小さい頃から長い時間、競争して勉強した子どもはダメになる

佐々木

夜に子どもが出歩く姿もすごく異常な風景ですよね。

陰山

そう。あれは、社会の自殺行為なんですよ。都会だけじゃなくて、田舎でもそうです。24時間スーパーができて、そこが流行りだすとどんどんだめになる。社会全体のモラルとして変えていかなくちゃダメです。

佐々木

塾が9時まで、なんていうのもダメですよね。

陰山

そう、そう。だから結局、東大生や京大生の学力低下っていうのは、つまり、小さい頃から長い時間、競争して勉強した子どもはダメになるって話なんですよ。そもそもは学力低下の問題って、そこから始まってるわけですよ。みんな完全にゆとり教育のせいだって誤解してる。ゆとり教育と関係ない若者の学力低下が著しいという理由を考えなきゃ。

佐々木

長く勉強することより、しっかり食べて、眠ること、ということですか。確か、一番始めの中教審の部会のときだったかな。今の教師に問題があるというコメントに対して、私は「教育がうまくいっていると言われてた時代に育った人が今の教師だとすれば、その人たちがうまくいっていないなら、教育のものさしを見直す時期ではないか」と発言しました。

陰山

うん。だから、きちんと分析がなされてないからね。最大の問題点というのはね、それを改善していこうとするときに、子どもたちや保護者に、まず生活改善させなきゃいけない、ということなわけですよ。

この生活改善の先頭に立つのは誰かと言ったら、これやっぱり教師ですよ。ところが、その教師たちは、教員の免許制や評価連動性などによって、親に対して汲々としなきゃいけない状況に追いこまれつつある。

佐々木

それは要するに親からの好印象、高評価を得るために?

陰山

そう、得るため。その高評価しようとする人たちっていうのは、夜遅くまで働いてるお母さん方たちであったりする。そういう人たちに対して、ちょっと言葉が悪いけど、媚びようとするから、悪い状態を温存することにつながるのではないかと心配してしまうわけです。

4/32

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english