自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第62回 陰山 英男さん

win-win

62
広島県尾道市立土堂小学校校長
陰山 英男さん

それは、朝ごはんを食べないことと連動している

陰山

そう。その結果、朝ごはんを食べないっていうことに連動してるわけなんですよね。そのことに僕が最初に気づいたのが、山口小学校に行った1990〜91年の頃なんですよ。

そのときに子どもたちの、どうも朝の食事がおかしいってことに気がついて。

食育から入っていって、気がついてみると睡眠がおかしいってことに気がついた。それで食事と睡眠、それからその睡眠を邪魔しているテレビという、それこそ三位一体じゃないけど、この3点を指導したわけです。

佐々木

私も、食と睡眠は気になっていたので、夏に出版した子ども向けの時間管理ノート『計画力おもしろ練習帳』の中で、コラムを書いたんです。夜10時から2時までに成長ホルモンが出るから、この時間にはみんなしっかり寝てなきゃダメだよ、と。そして、計画表の書く欄を夜9時で切りました。

陰山

ええ、正解です。

佐々木

「塾が9時までだから困る」「11時までのものを作って欲しい」という要望もありますが、「早寝早起きをしましょう」という意味で9時で切りました。楽しんで読んでくれた子どもの中からは、「あれを読んでから、10時までに寝るようにしました」って言われたり。ある家では「10時になると“あ! 成長ホルモンが垂れ流されてるぞ”って言って、会話をしながら早寝するように心がけるようになった」って言われました。きっかけがあると、早く眠れるんですね。

3/32

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english