自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第62回 陰山 英男さん

win-win

62
広島県尾道市立土堂小学校校長
陰山 英男さん

学力低下の理由、その1は……。

佐々木

先生は、子どもたちを教えながらいろいろとデータも集められたと思うのですが、どういう現象を見つけられたんですか。

陰山

まず最も象徴的なのは、体力の低下。子どもたちの問題行動のデータを文科省が毎年とってるんですよね。これがかなり正確なんですよ。子どもたちの心の問題と体の問題はですね、1981年と1992〜93年、この2つの時期に、一気に悪くなることを2回やってるんです。

1981年(昭和56年)は校内暴力が最も激しかったときでね。その時期から何が起きたかって言うと、バブルの膨張から崩壊へ向かう、日本の経済が非常に激動した時代なんですよね。例の空白の90年代に向かっていくときなんだけれども、あのときに日本の社会状況がものすごく大きく変化して、決定的になったのは、社会が夜型化したっていうことなんです。

佐々木

夜型化ですか。確かに、だんだんテレビ番組も遅くなり、深夜営業のレストランやコンビニもできてきた。

陰山

そうです。学力低下の最大の理由を1つ言いなさいって言われたら、僕は睡眠不足だと思ってるんですよ。教育学的に言えば陳腐でしょう。睡眠不足なんて、そんな単純な、っていうね。

でもね、単純なものが決定的なんですよ。それくらい、子どもたちの睡眠状況ってものすごく悪い。それを食の悪化が拍車をかけるんですよね。食育と睡眠、全部ひっくるめて「健康に生きるとは」っていう教育を本当はしなきゃいけない。

佐々木

そうですね、私もそれは感じます。睡眠不足については、単に時間数だけではなく、眠る時間帯が後ろにずれてるってこともありますよね?

2/32

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english