自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第62回 陰山 英男さん

win-win

62
広島県尾道市立土堂小学校校長
陰山 英男さん

叩かないと心がよくならないと思ったときには、子どもが悪くなる方を取れ

陰山

だから先日の高校野球の不祥事でも、ものすごくアンフェアだと思うんですよね。どちらがいいか悪いかということ以前に、どんな状況があったのか、それが一般的にはわかりませんね。部長さんは写真まで出てきて、インターネットに出てるじゃないですか。

でも、子どもの方や親の方は何も出てないんですよ。責任ないんですよ、何でも言えるわけです。行為の責任を問うんだったら、みんなですよ。少なくとも、親が出てくるんだったら、親は名前出すべきでしょう。

佐々木

なぜ、親にモザイクがかかってるのかと思ってました。

陰山

体罰についての話は簡単なことなんですよ。なぜ体罰が悪いかというと、これは法律でいけないと書いてあるからなんです。つまり体罰というのは、教育問題ではなくて、法律問題なのです。

我校でも、僕、言ってますよ、「絶対に体罰なんてするな」と。「どうしても叩かないと心が良くならないと思ったときには、子どもが悪くなる方を取れ」って言ってますよ、僕は。そこまで言わないとつい手が出てしまうということはよくあることですから。私もそれでよく失敗しましたから。

子どもが悪くなった方がいい。これは無茶なことと言われるかもしれませんね。でも、法律で禁止されてるんだから、教師に法律違反させるわけにいきません。でも、成績が悪くて叩くなんて教師、そういませんから。他の子を傷つけたり、やっちゃいけないことをやってるから、先生は叩いてる場合が多いはずなんですよ。もちろん、教師の気分で叩いているんなら、論外ですが。

でもこうして子どもの行動に問題があり、教師にその指導に限界が決められているのなら、その部分の責任は、家庭の側にあると考えていいのではないでしょうか。すると、今後は叩かないといけないような行動を子どもがしている場合、その責任を親が取るという方向になっていかないと現場はますます厳しくなっていくでしょう。

そういう、家庭と学校の責任分担がなされていないと、学校は問題ある家庭に振り回され、それは一方できちんと協力していただいている家庭に対しての責任が一方で果たされなくなるという危険性があるということです。

佐々木

だんだん寂しい話になってきた。

24/32

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english