自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第68回 服部 幸應さん

win-win

68
学校法人服部学園 理事長、服部栄養専門学校 校長
服部 幸應さん

50を切ったら、危ない

服部

実は、50を切ったら危ないというのはどこで覚えたかというと、ぼくは40年前にアメリカに留学してたんですね。1965年でした。で、そのときに、ホームステイしていたお宅に、大学生、高校生、中学生、小学生がいたんですよ。

で、ベトナム戦争がピークで、学校が乱れていた。たとえば小学校3年生の女の子が、家からピストルを持ってきて、先生の頭をぶち抜いちゃったとかがあった。今、日本でもキレる子がいるでしょ。まさにアメリカが今から40年前にそうだった。

で、当時ニクソンですけれどね、規範意識の調査をやったんです。そうしたら、53.2に落ちていた。実は50切ったら危ない状態。これね、ベトナム戦争が始まる前が、89.1だったんです。それは大変だ、と。50を切ったら国家として危ない、と。確かにクラスでね、先生への尊敬度が半分以下になったら、騒ぎたてたりして大変なんですよ。それですぐに手を打ったんです。

だから、アメリカは高いんですよ。ヨーロッパもみんな高い。なぜかというと、ひとつ考えられるのは、いいか悪いかは別にして、日曜学校があるんですよ。大事なんですよね。生きる道、とかね。懺悔だとかね、そういうのをきちっと教えるんですよ。日本はね、そういうことをまず教えるところがない。

結局ね、道徳、知育、徳育、体育の、徳育がね、年間13時間やりなさいってなってましたが、やらなくてもいいになって、やっていない学校が多いんですよ。家庭科でちょっとやるぐらい。それもあって、日本は秩序が乱れたんですね。

佐々木

すごく基本的な、食や挨拶、ものを大切にするだのというようなことが、小学校に上がる前くらいに身についていないとダメだということですよね。

服部

そうです。

佐々木

情報量の多い時代で、テレビもありますから、きちんと、徳に関することを子供たちに早いうちから身につけさせた方がいいなあって思いますね。結局、小さいうちにぎゅっとやっておかなくてはいけないところが、全部ずれているの。

10/28

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english