自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第68回 服部 幸應さん

win-win

68
学校法人服部学園 理事長、服部栄養専門学校 校長
服部 幸應さん

箸の持ち方

服部

そう。昔はね、お祖父ちゃんお祖母ちゃんも一緒だったわけですよ。ですから、そういう人がちゃんと、持ち方はこうだよと教えてくれたり、場合によってはぴしっと、言ってくれたでしょう。

ところが、だんだんだんだん核家族化した。するとお父さんもお母さんも、どちらかが注意しても「そんなこと言わなくても……」と片方が言っちゃったりする。

ぼくは20年前から、箸の調査をやっているんです。食育とは関係なしに。だって、うちに入ってくる学生が、変な持ち方をするんですよ。君たちプロになるんだろう、そんな持ち方は恥ずかしいよ、って言ってね。それからうちの教師たちは、必ずこの学校にいる間に、箸がきちんと持てるようにしてやろうじゃないかってやっているんです。

それで、小・中・高・大、一般の人、っていうふうに調べているんですけれど、小学生だけで言いますと、20年前に36パーセントの小学生が、まあ箸を持てたんです。一番最近では、2005年5月ごろ調べたら、12パーセントしか箸が持てない。そして何より、そこに立ち会っている先生の、42.1パーセントが箸を持てない。だってその若い先生も、きっと核家族育ちでしょう。

佐々木

それじゃ、指導の仕様がない。我が家でも、子供たちに毎食時、箸の持ち方の話をしているのですが、まだ、なんだかちょっと変なのです。

服部

実は、箸文化って、小野妹子が大陸から持ってきたんですよ。聖徳太子が使ったのが、公では最初だと思うんです。日本の大切な食文化です。

だけど、うちにね、フランス人、イタリア人、スペイン人の先生方が来るんですけれど、みんな箸を持つのが上手いんですね。どこで習ったって聞くと、今欧米で箸を持てなかったらエリートとは言われないって言うんですね。このままでは、日本にはエリートがいなくなってしまうことに。

8/28

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english