自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第81回 菅家ゆかりさん

win-win

81
フリーアナウンサー フェイスニングトレーナー
菅家ゆかりさん

レッスン1:口角を上げる

菅家

体を鍛えるときも、どの筋肉を動かすとどういう効果があるっていうのを意識することで、その筋肉へ脳からサインもでるので、効果が上がるって言われていますよね。ですから、わたしがイー・ウーマンユニバーシティでお教えするときも、まず、皆さんにこういうチャートを見ていただいて、顔っていろんな筋肉があるんだな、って分かっていただくことからはじめています。

例えばすごくすてきな笑顔を作る筋肉に、口角挙筋があります。口角を上げると、明るい印象を与えるんですけれども、それを、「口の両端についているこういう筋肉」って説明してから動かすと、皆さん、「ああ、こういう筋肉なんですね」って理解が早い。

だれもが、「ああいう笑顔はいい」って分かるんだけど、自分が実際にやってみると、全然できない、という人、多いんです。何をどう動かすのかを理解してやってみてもらう、ということです。

佐々木

ただ動かせばいいってものではないわけですね。

菅家

口に力が入り過ぎてしまって、まったく反対の筋肉を使っている場合って結構あるんですね。だから、この筋肉を上げるんだから、そのためには、ただ唇に力を入れても上がらないんで、頬を動かしましょうって。

佐々木

頬から引っ張るってことね?

菅家

そうです。上に引き上げる感じです。こういう風に、頬を上げるんです。ちょっとずつ、「動かなくてもいいけれども、これを動かさないと基本的にいい表情にはつながらないので、少しずつ硬くなったものを解きほぐすように動かしてみてください」っていうトレーニングを少しずつやってもらうんです。

佐々木

体のストレッチと同じで、結局、「体が曲がらない」って言っていても、毎日毎日少しずつやっていると、半年後には体が柔らかく曲がるようになるとか、そういうのと一緒で、頬の筋肉を自分で毎日トレーニングして、動くようにしてあげるっていうことですね。

菅家

柔軟体操だったら小さい頃から何かやっているのを見たり、自分でもしていますよね。でも、顔の筋肉って、普通の生活では教えられることはないですから。なので、できないのは当然なんです。できるためには、頬をまず上げるっていうことが、自分ではできないときは、どのぐらい上がるか、ちょっと指を使って、ここにちょっと添えて上に持ち上げると、頬っぺって結構、上に動きますよね。だから、この分だけ動く幅があるということですよね。だから、これを自分の筋力で持ち上げるっていう理論なんです。

佐々木

そうか。分かりやすいですね。

5/24

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english