自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第81回 菅家ゆかりさん

win-win

81
フリーアナウンサー フェイスニングトレーナー
菅家ゆかりさん

子どもだけの東京生活

佐々木

叔父達が独立って、どういうの(笑)?

菅家

東京で兄弟が合宿生活するときに、叔父達に見張り役として一緒に住んでもらっていたんですね。で、叔父達が、もう……。

佐々木

「もういい、大丈夫」と。

菅家

「子ども達も大きくなったから、いいだろう、俺達は」って言うんで、叔父夫婦がそこから離れまして、子どもだけになったんですよ。

佐々木

それは何歳のときに、どういう人数だったんですか?

菅家

たしか、上の兄弟が大学になったときに、叔父達は「もう大丈夫だろう」っていうので。年子だったので、大学1〜2年とか、そんな感じだったんじゃないですかね。

佐々木

大学1年、大学2年に、高校3年に、高校2年に、みたいな?

菅家

そうですね。で、10年の間に5人いますから、もう次々に出てきますよね。私が出てきたときは、上の兄はもう就職していたので、そこにはいなかったんです。一番多い時で、上がいなくて4人合宿生活で、私が入ったっていう感じですよね。子ども達としては、合宿生活と同じなので、寂しいとか、そんなことは全然なかったですけど。

佐々木

でも、それは親が決めたことなんですよね? きっとはじめは。

菅家

いいえ、皆、子どもが行きたいと思ったんじゃないですかね。

佐々木

子どもが行きたいと思ったって、中学や高校で、そんなに一人で暮らせないでしょ? だってね。

菅家

たぶん、地方の高校っていうのは、ごく近い所でも通学に時間がかかったりしますので、うちの兄達も、どうせ地方の高校に行くにしても下宿しなきゃいけない。だったら、いっそ東京に行った方が、先に、もっと道が広がるんじゃないかというので、たぶん父が「それならそれでいいだろう」という風に始まったんだと思うんですけど。

佐々木

上の4人は、男性? 女性?

菅家

上に2人ずついるんです、姉と兄が。まず期待をかけて、長男。

佐々木

期待をかけて出したんだ。お父様はどんな仕事をされてたんですか?

菅家

地方公務員で、母は主婦で家事をしていたので、特に資産がたくさんあったわけでもないですし。最初にひとり、次にひとりと、皆、我も我もという感じで5人とも、東京に出ちゃったんですけど。

19/24

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english