自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第82回 丹下 一さん

win-win

82
俳優・演出 「迦樓羅舎」代表
丹下 一さん

父への反発

丹下

いえ、家族と一緒だったんですけど、ほとんど「お前は一体!」って。父からは「早く芝居をやめなさい」っていう圧力。まあ、ある朝茶の間で会うと、息子が坊主刈りになってたりするわけですから(笑)。

佐々木

劇での役づくりで?

丹下

はい。ちなみに眉も剃ってましたから、親もびっくりしたでしょうね。で、21歳で劇団が解散したんですよ。いろんな事があってすごく大変だったんですけど。

父に「一応言っておくけど、劇団が解散したんだ」って言ったら「おっ、そうか!」。そう言ったときの、初めて見る晴れやかな父の笑顔(笑)。「いや、でもね、やっぱり演劇科での勉強を続けて、舞台の仕事を続けていきたいんだ」と言ったときの、その対極にあるような暗く落ち込んだ顔(笑)。

今では本当にとても喜んでくれているんですけれども、そういう時代が長かったですね。

佐々木

お父様はどういうお仕事をされているんですか?

丹下

お堅い国家公務員。

佐々木

国家公務員。

丹下

なんか、黒いお車が迎えに来ちゃったりなんかして。

佐々木

ポジションが高い方なんですね?

丹下

そうですね。今はもうリタイヤしているんですけど。赤い門の学校に行っている方達は、自分達が国を動かしていると思っていますからね、本当に。

佐々木

お母さんは専業主婦?

丹下

最後は、専業主婦でした。職場結婚だったんです。職場で知り合って、僕4人兄弟なんですけど、母は3人目を妊娠して辞めたんです。だから、僕、ずっと鍵っ子だったんですよ。保育園のころは母と父が交代で迎えに来ましたね。今から思うと、よくやったなと思います。

佐々木

その時代にしてみると、お父様が保育園のお迎えというのは、もしかするとずいぶん先進的なことでしたよね。

丹下

そうですね。お迎えは、いつも夜の一番遅い時間でしたけど、どちらか交代で来ましたね。今、自分が親になってみると、「4人の男の子が障子を破りまくってるなかで、よくぞやったな」と思います。

佐々木

そうすると、丹下さんは、お父様やお母様から学んだことやしつけの中で、俳優っていうものに目覚めていったっていうわけではない?

丹下

すごく反発してました。「9時〜5時でネクタイ締める仕事にだけは就きたくない」と本当に思っていたし。ただ、英才教育じゃないんですけど、本だけは山のように渡されて読まされて。

僕は、体が弱くてしょっちゅう寝ていたんですよ。父親は、いつも本を買ってきてくれて。文学全集みたいなものを。「小学校の図書館のここからここまでの全集を全部読んだ」みたいな、そんな感じだったんです。文学の影響もあって俳優に行ったのかなって思います。

7/25

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english