自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第93回 増田 明美さん

win-win

93
スポーツジャーナリスト
増田 明美さん

津波復興支援で、「プーケット・ウォーク&ラン」を開催します

増田

「とくダネ!」でも紹介してもらったのですが、去年、津波復興支援が目的で「プーケット国際マラソン」を開いたんです。暑い国なので去年の反省を活かして、今年(2007年)は9月30日(日)に開きます。

佐々木

雨季があったりしますしね。

増田

タイムや順位を競うことが目的ではなくて、観光客に来てもらおうと。だから、名前も変わって、「プーケット・ウォーク&ラン」って。

佐々木

すごくいいじゃないですか。

増田

ウォーキングの部も充実させる予定です。

佐々木

それなら佐々木も行かれるだろう、と(笑)。

増田

そう、佐々木さん、ご招待しますので、その時には。

佐々木

起業家仲間ではトライアスロンが流行っていて、男性が多いんですけれども、「佐々木さん、行こう」って言われるんですけど、「トライアスロンをやって死んでしまっては、それはもう、経営者責任として一番のリスクとして挙げなきゃいけないから、まずいよね」って。でもそしたら、うちのスタッフに一人フルマラソンをやっている女性がいて、一人は自転車をやっている者がいるので、それで私は水泳ができるから、女3人で出たらいいんじゃないかって言われて(笑)。

増田

3人でトライアスロン。たすき渡しで、いいですね。佐々木さんは普通に生活していて、1日、何歩ぐらい歩きますか、何キロメートルぐらい?

佐々木

たぶん、ほとんど歩いていないです。特にこの数年は歩いていないです。

増田

デスクワークが長いし。じゃあ、プーケットを目標にしてください(笑)。基本を教えますので。その日にスケジュールの都合がつけば。

佐々木

42.195Km、歩くんですか?

増田

いいえ、全然。5Kmです。楽しみながらということを目的にしていますから。

佐々木

そうしたら姿勢もよくなるしね。本当、体には一番いいかもしれませんね。

増田

ウォーキングは糖尿病の治療にもいいんです、予防にも。インシュリンの分泌が日本人は体質的に少ないので、血糖値が下がりにくいのですが、ウォーキングはインシュリンの分泌を多くするんです。

佐々木

では、今日を境に、少し運動します。

増田

そう思っていただければいいです。きっかけってありますものね。私も、佐々木さんにお会いして、ますます前に行かなきゃと思いました。

佐々木

これを機会に、ぜひ、いろいろ教えてください。よろしくお願いします。

増田

こちらこそ、よろしくお願いします。

対談を終えて

超多忙で、有名なマラソンランナーである増田明美さんですが、なんのおごりもなく、心を開いて、自然体でお話されたのが、とても印象的です。感じたことを素直に受け止め、行動を続ける。なんでも笑いながら、前進する。……多分、限界に挑戦し、やることを尽くした体感がある彼女だから、そんな領域に達したのではないかと感じました。マラソン素人の私に、さまざまな話をして下さって、感謝しています。これを機会にどうぞこれからも、時々お話させていただけますように。

27/27

前のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english