自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > news & policies > 年金制度の行方 >

news & policies

年金制度の行方 高山憲之さんインタビュー

back 2/10 next

消費税増税が年金制度を救う、頼みの綱

保険料を税方式にした場合、消費税は一体何%になるのだろう。さらに不安は残る。つまり、保険料以外の目的で消費税は引き上げられることはないのだろうか?

消費税増税の期待は、まず地方自治体にあります。地方自治体はカネがなくて困っている。でも、住民税や固定資産税の増税は嫌われるので、最後の頼みの綱は消費税ということになります。財務省もそう。できれば消費税を増税して財政再建したいというのが本音でしょう。

保険料は上げられません、法人税や所得税の増税もほとんどできません。となると、最後の切り札はもう消費税しかない。消費税の奪い合いなんですよ。おそらく、2025年あたりには最低でも15%にはなるでしょう。場合によっては20%もあります。税収ベースだと、大体1%で2兆5000億円になりますから、10%上がると、それで25兆円程度増えます。あとは、消費税にどうやって理屈をつけるかだけなんです。消費税というのは評判が悪くて、アレルギーを起こしまくっているから難しいんですが。ヨーロッパに行けば15%は当たり前ですし、スウェーデンでは25%です。

税を払いたくないというのは、エゴイズムといえます。所得税だって、法人税だってそうです。要するに税は払いたくないんです。サービスは受けたいけど税は払いたくない。そんな体質が残っているかぎり、いつまでたっても増税は難しいと思います。

back 2/10 next



e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english