自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > news & policies > 年金制度の行方

news & policies

年金制度の行方 高山憲之さんインタビュー

現在、国民年金の被保険者7,000万人のうち、保険料を支払っていない人がおよそ30%いると言われています。こうした脱落者を防ぎ、そのことで保険料を引き下げるために、従来の年金制度に変わって提案されているのが、基礎年金の消費税方式です。

その消費税方式の提唱者、一橋大学経済研究所所長・高山憲之さんが考える、消費税方式の利点、日本の保険行政の実情や今後の消費税の行方……。さらに私たちが年金制度を学ぶことの必要性などを語っていただきました。

著者

高山憲之

高山 憲之

一橋大学経済研究所教授


たかやま・のりゆき

1946年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。経済学博士。現在、一橋大学経済研究所教授。専門は公共経済学。年金改革および少子化問題について、社会構造を踏まえた現実的な提案は貴重。著書に『不平等の経済分析』(東洋経済新報社)、『年金改革の構想』(日本経済新聞社)、『年金の教室』(PHP新書)など多数。

関連情報リンク

高山憲之 個人サイト



e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english