自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > news & policies > 年金制度の行方 >

news & policies

年金制度の行方 高山憲之さんインタビュー

back 8/10 next

保険料を払わないとどうなる?

フリーランスで仕事をしている人で、年金を払っていない人は多いと聞く。しかし、実際そうやって年金を払わなかったとしたら、老後はどうなるのだろうか。

都市に住んでいる若い人で、払っていない人は多いですね。私にも25歳の子どもがいますが、「年金の保険料は払ったほうがいいのか?」と訊かれた時に、まあ払っておいたほうがいいだろうと答えておきました。いろいろ報道はあるけれど、日本という国家が滅びない限り年金は支給され続ける。出ないということはないと。年を取ったときに何が起こるかまだわからないのだから、と言いました。

国民年金は、25年以上保険料を払わないと老齢年金をもらえない。60歳までですから、35歳がギリギリです。ただ、25年払い込んでも、40分の25ですから6割くらいしか年金はもらえません。

でも、25年も保険料を払いなさいと言っているのは日本くらいで、外国はもっと短い。政治家でこの問題を強く言っている人はまだ少数派で、期間短縮という話にはあまりなっていません。今の都会に住んでいる若い人たちは、老後の話より今をどうするかのほうが関心が強いでしょう。月額1万3,300円は、結構高い保険料ですし。

ただ、制度としてはもう限界に来ているから、税方式のほうがいい、と提案していますが、厚生労働省と自民党の政治家はノーだと言っていますから、なかなか変わらないでしょうね。保険料を払わない人には年金は払わない、と言い続けているわけですからね。

back 8/10 next



e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english