自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:1774
お金は汚いものだと思いますか?
投票結果
11  89  
102票 864票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
2位
【開催期間】
2005年12月05日より
2005年12月09日まで
円卓会議とは

伊藤宏一
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
伊藤宏一 千葉商科大学大学院教授・CFP
円卓会議議長一覧
多くの皆さんが、お金は汚いものだとは思わないと感じられていること、そしてその理由はキョマリンさんに代……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes お金と価値的に付き合っていく (ちぇりーぼんぼん・大阪・パートナー有・46歳)
お金は使う側の意識の持ち方によります。お金を価値的に使った場合は自分もそうですが、自分の周りも明るくなったり幸せを感じたりできると思います。逆にお金に振り回される使い方をしてしまうと、お金を汚いと感じるようになるのではないでしょうか? お金を価値的に使うためにも私たちが日常の中で自分に必要なお金の価値を意識して付き合っていくことが大切なのではないでしょうか? そういったことがお金だけではなく、自分自身の人生や生活を豊かにすることにつながると思います。

no お金に対する姿勢では (wakano)
「お金が汚いもの」なのではなく「お金に固執する姿が汚く感じることがある」ということではないでしょうか。お金がないと生活できませんから、少しでも多い方が良いと思って醜い行動に走ることもあり、その姿が汚く見えることがあるのではないかと思います。

no 身の丈にあった暮らし (k-min・東京・パートナー無・42歳)
子どもの頃、よく母から女の子はお金に苦労すると顔つきが卑しくなるからと言われました。いま自立して家計のやりくりに四苦八苦するときにときどきこの言葉を思い出し苦笑しますが、汚いとは思いません。でも生活や収入に見合わない使い方は下品だと思います。私にとってお金との美しい関係とは母の言葉につきます。お金にガツガツせず、無駄をせず、身の丈にあった使い方、暮らしをするということです。

no 使い方次第 (ありる)
「バカとはさみ、知恵とお金は使いよう」。祖母の言葉です。お金自体には色はついていません。きれいも汚いもない、人を傷つけて得たお金も、人を喜ばせて得たお金も、同じ色です。お金に色をつけているのは、人間だと思います。私は、積極的に子どもたちに経済教育をしていきます。お金の使い方を知らない人、お金の価値を知らない人こそが、最もお金で泣くと思うのです。

no 知ることが大切です (ゆん。・福岡・パートナー無・27歳)
お金を汚くするか綺麗にするかどうかは扱う人次第です。私は金融業に携わる者として、お金に振り回される人を見てきました。知らないことは不幸です。知らない人は知っている人よりチャンスが少なかったり、時には騙されたりすることもあります。お金について目を背けることができない時代です。お金について、運用について、契約について、子どものころから学ぶ機会を設けることの重要性を感じます。

no 使い方次第 (chuna・海外・パートナー有・30歳)
お金が第一という価値観にはまったく賛成できませんが、だからと言ってお金が汚いとは決して思いません。お金の価値は使い方次第です。使う人によって汚くもなるし美しくもなります。人のために、また自分のために美しいお金の使い方ができる女性になりたいと思っています。

no 金は天下のまわりもの (rurarawin・茨城・パートナー有・45歳)
お金は生きていくうえで大切なものだと思います。使い方を間違えると、とんでもないことになることもあるけれど、生きたお金の使い方をすれば自分やまわりの人も幸せになれるものだと思います。そういう使い方ができるよう日々考えながら生活しています。

no 所有者の人となりが反映される (キョマリン・千葉・パートナー無・36歳)
お金自体に汚さが内在されているのではなく、所有する人のお金に対する意識や接し方によって汚くなることもあるということだと思います。お金を得るという手段という切り口からみても、汗水たらして働いた結果手に入れたお金を汚いとは言えないでしょうし、逆に、ギャンブルで大儲けしたお金にきれいなイメージは持てません。究極にはお金を持つ人の人格までも反映してしまうのがお金の怖さであるとも言えます。
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
美しい人生の道具としてのお金
多くの皆さんが、お金は汚いものだとは思わないと感じられていること、そしてその理由はキョマリンさんに代表されるように、基本的にお金を使っている人の心のあり方の中に、汚いか汚くないかという問題があると考えられていることに、意を強くしています。

お金は交換価値です。価値そのものではありません。ありるさんの言われるように「お金自体に色はついていません」。

どんな価値と交換するかは、その人の価値観や人柄そして品性によって決まります。ちぇりーぼんぼんさんのようにお金を「価値的に使う」、つまりいい価値観で使えば、自分の周りが明るくなったり幸せを感じたりすることができますね。ちょうどいまは12月。クリスマスの季節で、周りの人へのプレゼントやチャリティが行われる時期ですが、こうしたプレゼントやチャリティというお金の使い方をすれば、お金は幸せを呼ぶ道具になりますし、自分の心を深く充たしてくれる道具になりますね。

お金は品性に関わります。お金と美しくない付き合い方をずっとすると、k-minさんのお母さんの言われるように「顔つきが卑しく」なっていくでしょうし、生活や収入に見合わない使い方、たとえばミエでお金を使ったりハデに使いまくることは、確かに「下品」ですね。最近は一部で「お金持ち」が増えています。「お金持ち」はお金をたくさん持っているということであって、人格と品性にすぐれた「お金持ち」も入れば、品性に優れず人間としても未熟な「お金持ち」もいます。そこを見分ける目を持つことが肝心です。

お金は幸福の道具にすることもできますが、不幸の道しるべになってしまうこともあります。お金には魔性があって、「私は価値そのもの」とささやくのです。このささやきに耳を傾けると、いつの間にかお金に翻弄されることになり、お金は不幸の道しるべとなるのです。前にもお話したかもしれませんが、私は宝くじに1千万円以上当たった方のための小冊子を、頼まれて弁護士さんや臨床心理士さんと一緒に書いています。なぜ小冊子が必要かというと、宝くじに当たった人で「不幸」になる人がしばしばいるというのです。宝くじに当たるのは「幸運」です。しかしこの「幸運」は、「幸福」への道しるべになる可能性があると同時に、お金に翻弄される「不幸」の道しるべになる可能性もあります。「幸福」への道しるべとなるお金の得方を考えることも大切だと思います。

さてお金と美しい付き合い方をするには、お金を得る、お金を増やす、お金を使うという3つの場面を考えることが必要です。お金の得方ではキョマリンさんが言われるように「汗水流して働い」てお金を得るのは美しいですね。でもたとえば建築士が耐震性を偽造してお金を得るのは、汚いし許せないですね。

それではお金を増やすという場面はどうでしょうか。先日、子育ての合間にネット証券の株価画面と1日8時間にらめっこをして、一喜一憂している主婦の1日をテレビで報道していましたが、こういうのは美しいとは言えないのではないかと思います。儲かるか、儲からないか、だけに起きている時間の半分を費やす日々をずっと送ると、「顔つきが卑しく」なるような気がします。しかし他方で、とてもいい商品やサービスを提供し環境問題にも取り組む企業があり、その企業を自分が応援したいということで腰を据えてゆったりと投資をすることは、とても美しいのではないでしょうか。

皆さんはこうした3つの場面でお金とどんな付き合い方をしていますか。

伊藤宏一
千葉商科大学大学院教授・CFP
伊藤宏一


関連参考情報
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english