自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:1967
戦没者追悼施設の新設に賛成ですか?
投票結果
56  44  
507票 404票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

4日目/5日間
働く人の円卓会議
4位
【開催期間】
2006年08月28日より
2006年09月01日まで
円卓会議とは

井上順孝
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
井上順孝 國學院大学教授
円卓会議議長一覧
戦没者のための新しい施設を作ると誰を傷つけることになるかという点に関しては、あまり具体的な意見がなか……
議長コメントを全文読む
3日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 他国の人が納得するなら (まみまみこ・埼玉・パートナー無・26歳)
戦没者追悼施設の新設することで、中国や韓国の人が納得するのなら、新設に賛成です。私は、靖国問題に対し、首相が靖国神社へ参拝することで中国や韓国の人が嫌な思いをするのなら、やめればいいと思います。他国の人は、戦争に対してさまざまな思いがあるでしょう。戦没者に祈りを捧げることはいいことだと思いますが、それで、他国の人に嫌な思いをさせてはいけないと思うのです。戦没者追悼施設に祈ることに対してであれば、他国の人が納得するのなら、私は、つくる必要があると思います。

yes 歴史の事実とは? (shachik・カナダ・パートナー有・42歳)
戦没者追悼施設は国、宗教を超えて存在できるものと思います。米国パールハーバーもその1つでしょう。どうしても自国の戦没者のことばかりに注目してしまいますが、第二次世界大戦中に日本が中国、アジア諸国等で行った行為を正確に教育することが先決と思われます。被害者意識を覆す事実がそこにはあるからです。

no 天皇陛下が参拝できる場所 (e-mayumi・北海道・パートナー無・31歳)
靖国にまつられるという約束のもとで戦地に赴いたのですから、その約束はできるかぎり守るべきです。靖国という形を残しながら、A級戦犯、外交のことを解決する努力はまだできるのではないでしょうか。ただ、新設することで、天皇陛下の参拝が容易になるのであれば、検討すべきかともと思います。今後、靖国がどういう形になっても陛下の参拝は、困難かと思われるからです。天皇のために、日本のために亡くなられたのですから、ぜひ天皇陛下には参拝していただけるようになってほしいです。

no 遺志を尊重すべき (いまいくん・埼玉・43歳)
「靖国で会おう」この言葉を最後に戦場に散っていった当時の若者たちの意思を尊重すべきだと思います。その言葉の重みを考えたら、別の施設に移すことなど考えられません。A級戦犯の合祀が問題なのであれば、それは以前のように分祀するなどして新たな施設をつくらない方向で考えた方が良いのではないでしょうか? 個人的には、刑死者であるA級戦犯を戦没者として靖国に祀ることには反対です。

no 靖国神社がベストとは言わないが (植月・岐阜・パートナー有・29歳)
神道を信じる私でさえ、神道としての靖国を受け入れがたく思います。ですから、多くの問題を孕んでいるでしょう。しかし、まったくの無宗教の追悼施設なぞ、存在しないと思います。無宗教ということは、魂や生命のありかたの考え方が三者三様ということです。死者に対して敬意を払う、万人の拠す処がないと考えます。靖国から切り離すことによって、国は実質的な戦争だけでなく精神的な面でも負け、再び死者を見捨てるのだと、思い知らされるように感じます。
4日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「<国際社会の一員>という発想に立つとどうなるか」
戦没者のための新しい施設を作ると誰を傷つけることになるかという点に関しては、あまり具体的な意見がなかったように見受けられます。新しい施設自体はそれほど厄介な問題を引き起こさないかもしれないが、しかし靖国問題を解決することにもならない、というようなことになるのでしょうか。

みなさんがご承知のとおり、新しい戦没者の施設という案が浮上した背景には、首相の靖国参拝に対する国外からの反発という要素が強く働いています。国外からの批判に対しては、靖国神社の性格、あるいは日本人の生死観が正しく理解されていないとか、内政干渉だという意見もあります。政治利用されているのだという見方もあります。しかし、現実に中国、韓国をはじめ、いくつかのアジアの国にこれを不快に思う人が多くいます。さらには欧米の一部の人もこれを批判的に見ています。そのことを無視して、国内問題である、あるいは心の問題であるという論法に終始するだけでは十分とは思われません。

では、靖国神社参拝に代表される戦没者に対する日本の今後の姿勢を、新しい施設なしで理解を求めようとするなら、どのような説明の言葉やコミニュケーション等が必要になるでしょうか。あるいはなすべき行動があるでしょうか。また新しい施設があった方がいいとするなら、施設ができることで、国外の理解を求めるうえで、どのような改善がもたらされるでしょうか。国際社会の一員としてという発想に立つと、今どのような態度や行動が必要になっているか、なるべく具体的な案を提示していただけるとありがたいです。

井上順孝
國學院大学教授
井上順孝


関連参考情報
■ 「「靖国」に祀られた人々」
なぜ日本の首相が靖国に公式参拝すると問題になるのか
■ 「小泉首相の靖国参拝に賛成しますか?」
戦没者への哀悼、海外では……
■ 「池上彰さんとのウィンウィン対談」
ニュースの本質をつかむために
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english