自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2035
陶芸で作ってみたいものがありますか?
投票結果
79  21  
567票 151票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

3日目/5日間
働く人の円卓会議
2位
【開催期間】
2006年11月13日より
2006年11月17日まで
円卓会議とは

池田祐巳
プロフィール
このテーマの議長
池田祐巳 陶磁器デザイナー
円卓会議議長一覧
皆さまから寄せられた投稿文、本日は体験談として1日講座や近くの陶芸教室のお話が寄せられています。自分……
議長コメントを全文読む
2日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 一日体験 (junno・神奈川・パートナー有・36歳)
近所の小学校に陶芸の釜があり、ボランティアの方が一日陶芸体験を企画してくださったので参加したことがあります。自由に好きなものを作っていいと言われたので、A4で1枚半くらいの四角い板状のものを作りました。お皿や花瓶の台などさまざまな用途に活用しています。使い勝手がいいので、今度はもうちょっと大きなサイズにチャレンジしたいです。

yes まず食器から (いんこいんこ・大阪・パートナー有・44歳)
以前パートナーが陶芸で自分用のどんぶりを作ったことがあり、とても使いやすくて大活躍してます。私は手作り派ですが、陶芸に関しては未経験なので、まず食器からトライして、自信がつけばいろいろやってみたいですね。

yes 花瓶、茶器、茶碗 (RAY・パートナー有・32歳)
勤務先の近くに陶芸教室があり、飾ってある完成品を見ては、いいなぁと思っています。もし時間に余裕があれば、花瓶や茶器、茶碗を家族分作ってみたいですね。うまく作れれば、親しい方へのプレゼントにも良さそう。

yes 色付けや図柄に悩みます (Struppi・海外・パートナー有・34歳)
幼少のころから母がずっと陶芸をしていたので、釜や陶芸品に囲まれて育ってきました。しかし私自身はなぜかあまり陶芸に挑戦したことがありません。2回ほど湯のみを作ったことがあり、まあまあだったのですが、絵付けとか色がどうしてもうまくいきません。私の在住国でも焼き物は結構ありますが、どういう陶芸があるかというより、その色や絵、図柄にいつも注目してしまいます。

yes 作る・観る・教える楽しみ (リリーベル・埼玉・パートナー無・25歳)
私は、陶芸教室に参加したことはありません。コメントの「学校の図工でやった粘土いじり」で思い出したことは、ケーキやバラの花を作って友達と見せ合ったり、つくり方を教えあったこと。陶芸も作る楽しみ、観る楽しみ、教えあう楽しみがありそうですね。初心者の心得などあれば、教えていただきたいです。
3日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「さまざまな技法といろいろな土」
皆さまから寄せられた投稿文、本日は体験談として1日講座や近くの陶芸教室のお話が寄せられています。自分は未経験だけど家族や知人がやっていると言うお話も多いですね。こうして取り上げてみると、陶芸は皆さまにとっても身近な存在であるのではないでしょうか。

作ったものや作りたいものは、昨日今日と、いずれもさまざまなものがあげられています。昨日陶芸で作れないものなんてないというお話をしましたが、これはホントです。そして『陶芸』とひとくちに言っても、実はさまざまな技法や分野があるんですよ。
  • まず、技法で分けると陶芸教室で主に教えているのは、
    ・ひも作りやタタラ作りなど手で作るもの(手びねり)と、
    ・ろくろを使って作るもの(ろくろ成形)です。
    ・他には石膏型を作り、その型に土を流し込んで作る鋳込みがあり、人形などを作る時によく使う技法ですが、陶芸教室で教えているところは少ないようです。

  • 次に肝心の土ですが、日本は北から南まで緯度の長い国で土の種類も豊富です。でも、一つの陶芸教室ですべての土を扱っているところはまずありません。教室に通う前には、その教室ではどんな土を使っているのかチェックして、自分の作りたい焼きものの土を持っているところを選ぶようにした方がよいですね。土が違えば色や風合いなどがまったく違い、完成品は別物です。

  • そして分野ですが、日本の大学や陶芸教室は、成形に始まり、絵付けなどの装飾や釉薬の扱いなど一貫してやっています。これがイタリアの大学ではもっと細分化しているんですよ。ろくろ科、絵付け科、タイル科などに分かれ、より専門的に学んでいるところもあります。日本でも近頃絵付けがブームになりつつあり、絵付けを中心とした陶芸教室も増えています。
『陶芸』を始める時、どんなものを作りたいかをある程度イメージしてそれを作れる教室を選ぶことがとても大切だと思います。どんなものが作りたいか、引き続き投稿をお待ちしています。

池田祐巳
陶磁器デザイナー
池田祐巳


関連参考情報
■ 「食器を手作りしたことがありますか?」
五感を使って食事を楽しむために
■ 「インテリアとして食器を使っていますか?」
時には飾ってその色あいや質感を愛でるのも
■ 「陶芸に興味ありますか?」
日常を忘れ、無心で土いじりを
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english