自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:1909
食器を手作りしたことがありますか?
投票結果
45  55  
469票 562票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

5日目/5日間
働く人の円卓会議
3位
【開催期間】
2006年06月05日より
2006年06月09日まで
円卓会議とは

池田祐巳
プロフィール
このテーマの議長
池田祐巳 陶磁器デザイナー
円卓会議議長一覧
「食器を手作りしたことがありますか?」に対する回答は、1週間を通してほぼYes45%前後、No55%前後という……
議長コメントを全文読む
4日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 五感で楽しむ食卓のために (customerseye・東京パートナー有・)
食卓は五感で楽しむものです。一緒に食べる相手・そのときの空気や湿度・お料理そのももの味・聞こえてくる音・そしてそこに手作りの食器が加わると、そこから始まる楽しい会話で食卓がまた盛り上がります。そんな時間を楽しめる心の余裕を忘れないためにも、陶芸は素敵な時間です。シニアになったら、パートナーと陶芸三昧の日を送るのが今の夢です。

yes ポーセラーツなら (spring_march・パートナー有・36歳)
一度だけですが、ポーセラーツならやったことがあります。真っ白の器に自分で選んだシールを貼って、先生に焼いてもらうだけですが、出来上がりは市販品のようでいて、世界に2つとないオリジナルのデザイン。とっても気に入って、大切に使っています。何をどう盛るか、考えるのが楽しいです。陶芸は憧れますが、不器用なので難しそうです。

yes 手間と時間と人の想い (matikom・東京・パートナー有・32歳)
京都で、てびねりを体験しました。最近は100円均一などで売られていて、ものの大切さがわからなくなりつつある世の中ですが、本来食器は、こうやって手間と時間と人の想いがこめられて作られるんだな、と感じるいい体験でした。

yes 江戸切子 (MaiElf・東京・パートナー無・31歳)
数年前、まっさらなガラスボールに機械でカッティングをする体験をしました。削るごとに、様々な角度を見せるガラスの変化が美しかったことを覚えています。今でも表面を触る度、カッティングの機械の振動感覚がよみがえり、見て思い出して楽しんでいます。

yes 予想がつかない楽しみ (samin・東京・43歳)
留学中にとった授業で初めて作りました。海をイメージした皿や、真っ黒でクールなカップ。手捻りのため形がいびつで使いにくいものの、よい思い出になっています。岡山に行った際には、備前焼に挑戦。ご飯茶碗を作りましたが、こちらは思ったより小さくできてしまいました。色にせよ、形にせよ、思い通りに行かないところがまた、焼き上がりの楽しみを倍増してくれます。

no 自由なフォルムの器 (tetsu-twinkle・兵庫・パートナー有・35歳)
友人が手作りの食器でケーキを出してくれたとき、素敵だな、と思って機会があれば作ってみたいと思うようになりました。その食器はくぼみのまったくない、円形のコースターのようなお皿なのですが、くぼみがなくても汁気のないものなら盛りつけられるのですね。また、いろいろな用途に使える器が好きで、小鉢兼湯のみとして使っている器があるのですが、それを扱っていたお店がなくなってしまったので、同じようなものが作れたらいいな、とも思っています。

no 食器の手作りは最高の贅沢 (libro・東京・パートナー無・24歳)
素材はなんであれ、身近なものを手作りする力と時間があるのは現代では最高のぜいたくだと思います。最近の仕事は成果が見えにくいものも多く、結果的に毎食ごとに成果が確認できる食器の手作りにいくのかとも感じます。
5日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
時には手作りの食器でゆったりと……
「食器を手作りしたことがありますか?」に対する回答は、1週間を通してほぼYes45%前後、No55%前後という結果でした。投稿文からは、どちらに答えた方も食器の手作りにはとても興味をもっていらっしゃることが伺えました。

印象的だったのは、これからトライしたい、こんなモノを作ってみたいという「手作りの食器」に対する皆さんの投稿が、とても具体的だったこと。作りたいモノのイメージがキチンと出来上がっているなんてすごいなぁと、とても興味深く読ませていただきました。

「食器を作る」と言うことは、人類が誕生した時から必然としてやってきたことです。土、木、石など周りにある自然の素材を用いて食事をするために作り始めました。そして、その作り始めた瞬間から、器をより使いやすいモノに、より美しいモノにという夢を抱いて、営々の努力が始まったと言われます。

少しオーバーなお話かも知れませんが、私達人間が他の生物と違う点の一つに、食糧を食べるのではなく、食事をするという習慣があることがあげられます。皆さんからの投稿にもありましたように、ただ身体が欲するままに食べるのではなく、五感を使って食事を楽しむことです。

そして、そのための要素として欠かせないのが器。色、形、手触り……現在はさまざまな食器が市場に並び、手軽に手に入れられる時代ですが、私達の祖先は白い器が欲しくて、きれいな赤い色が欲しくて、それはそれは努力して造り出してきたんです。

自分で造った器、自分で作った食事は最高の贅沢と言われる時代ですが、もともとは当たり前だったこと。ぜひ「食器の手作り」には挑戦してみて下さい。日常と違う時間の流れ、手間をかけるということを実体験すると、食事の時間がとても愛おしく感じられますよ。

投票をくださった方、投稿をくださった方、どうもありがとうございました。週末はどうぞ大切な方と、ゆったりとお食事を楽しんで下さい。

池田祐巳
陶磁器デザイナー
池田祐巳


関連参考情報
■ 「陶芸に興味ありますか?」
87%がYes、陶芸の魅力とは……
■ 「インテリア・アーキテクト、アシハラヒロコさんとの対談」
建築設計から器まで、トータルコーディネート
■ 「なぜか捨てられない食器ってありますか」
心にひっかかる大切なもの
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english